HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

病院で処方された漢方薬を、私に合っているか診てもらえますか?

病院で処方されて漢方薬を飲まれていて、なかなか症状の改善がみられないと不安になりますね。
こちらでお聞きになりたいというのは、病院や調剤薬局では納得のいくお話を聞けなかったのでしょうか。
お客様がめぐる漢方薬局にお越しいただいて、話をお聞きして脈を診て舌を診て、お客様の体質を診ることができれば、病院で処方の漢方薬がお客様に合っているかもわかるかと思います。
ただし、こちらは漢方薬局として保険適用の漢方薬は扱っておりません。なので
◎病院で処方された漢方薬の合う、合わないの判断だけしてください。薬は病院でもらいます。
◎こちらで私に合う漢方薬を教えてください。病院で処方箋を出してもらいます。
このようなご希望には添えません。
めぐる漢方薬局では『相談料』『血流測定料』は無料です。価格設定はございませんが、病院で漢方薬を処方してもらうための『相談』『脈診』は行っておりません。お察しください。

この薬、ネットで安く売ってますけど、同じ値段になりません?

ネットで漢方薬や健康食品もたくさん売られています。めぐる漢方薬局で扱っているものも何種類か売られているようです。めぐる漢方薬局で薬を買った後でネットを調べると、同じ薬がめぐる漢方薬局より安く売られていて『損した~』と思われる方もいらっしゃるようです。
めぐる漢方薬局では、お客様のお悩みをお聞きして、血流計で脈診してデータをプリントアウトして、ご説明してデータを差し上げます。そこから必要な事をご質問して、舌を診て、『証』を出し、薬をご提案します。お客様に予算や都合をお聞きして、ご納得の上で薬をご用意いたします。
この一連の流れにの『相談料』『血流測定料』を請求する薬局もありますが、めぐる漢方薬局では薬・健康食品以外の料金は請求しておりません。
また、ネット販売の薬は『小分け』ができませんので、例えば『2週間分だけ欲しい』というご要望には答えられないのです。
漢方薬メーカーの方から聞いた話ですが、ネット販売の薬・健康食品は、古い商品であったりする事が多いようです。
結論は『ネットと同じ安い値段』では薬をお売りできません。お察しください。

領収書は発行してもらえますか?

発行いたします。お会計時にお申し付けください。

ツムラの漢方薬は扱っていますか?

申し訳ございません。ツムラの漢方薬は基本扱っておりません。
ツムラで出されている漢方薬と同じ名前で、違う漢方薬メーカーの漢方薬は大抵扱っております。

予約はした方がいいですか?

現在めぐる漢方薬局では、予約優先としています。
完全予約制ではないので、予約していただいてもお客様がいらっしゃれば、少しお待ちいただいております。
予約されないでお越しいただいた時にお客様がいらっしゃらなければ良いのですが、お越しになった時間のすぐ後に予約が入っていたりすると、十分にご相談のお話ができなくなってしまったり、お帰りになられる事がしばしばあります。
こちらが初めてで、薬剤師にご相談のある方は特にご予約をおすすめします。
2回目以降のお越しでも『待つのは嫌』という方は、やはりご予約をおすすめします。
2回目以降で薬の調子がよく、特にご相談のない方は『今日の〇時頃行くから用意しておいて』とお電話くださる方も多くいらっしゃいます。そうしてくださると、お待たせせずに薬をお渡しできます。
やはりご予約していただけると、お待たせしてしまう時間を極力少なくできるかと思います。

タブレットタイプのヨクイニンは置いてありませんか?

申し訳ありません。めぐる漢方薬局ではタブレットタイプのヨクイニンは扱っておりません。
めぐる漢方薬局で扱っているヨクイニンは、煮つめて抽出エキスを服用する生薬と、抽出エキスが粉末化された
エキス製剤です。

めぐる漢方薬局まで遠いので通えません。何か方法はありますか?

遠いところ、興味を持ってくださってありがとうございます。

ご相談内容によって、一度ご来店していただき、お顔を診ながらご相談させていただいた方が
お客様に合うお薬をご提案できるかと思います。
欲しいお薬や健康食品が決まっている、2回目だから相談は必要ない、という方は基本的に着払いにて
郵送・宅配をいたします。
1度お電話などでご相談ください。

もの忘れが気になります。漢方薬で治りますか?

もの忘れは、若い方か、加齢に伴う症状なのかで対処法が変わります。
若い方には漢方薬で良くなったと実感されています。
加齢に伴う症状の方も、時間は少しかかりますが、良い方向に向かっていると実感されています。
脳に栄養と酸素を運ぶ『血』の流れが滞り、脳へ血が行き渡らないために起きたり、
胃腸が弱く全身の気血が不足したり、ストレスによる気の滞りなどでも起きます。
もの忘れは誰にでもあることなので、あまり神経質にならずに心穏やかに過ごすことも大切です。

漢方の目薬はありますか?

あまり種類はございません。
めぐる漢方薬局では、1種類だけ取り扱っております。

漢方薬を飲むタイミングが取れず、1日3回も飲めません。

漢方薬は基本的に食間(食事と食事の間の空腹時)に飲んでいただくようにご説明しています。
忙しい生活の中で、食間に飲んでいただくのは難しいと思います。
お昼に飲む事が難しい方が多いので、そんな方におすすめしているのは、朝起きてすぐ飲んで、夕方頃
夕食前(直前でない時間)に飲んで、寝る前に飲んでいただく方法です。
どうしても難しい方には、とにかく飲める時間を見つけて飲んでいただくようにしています。
飲む時間無い➡飲まない という事は一番避けたいのです。

相談はしないで、欲しい薬や健康食品を買えますか?

『指名買い』のお客様もたくさんいらっしゃいます。
とにかく欲しい薬や健康食品は決めているから相談は要らない、というお客様にはもちろんすぐお売りいたします。
ただ、決めていらっしゃる方も少しお話して、現在飲まれているお薬や体調を伺うと、指名されたお薬や健康食品が
あまりお体の状態に合ってない事も多くあります。

駐車場はありますか?

ございます。
ファミリーマート千代田店さんの隣に当店があり、共同駐車場になっております。
当店の前の駐車場が空いていたら、なるべくそちらに駐車していただけるとありがたいです。

『体質改善』といいますが、体質は遺伝ではないですか?

遺伝的な要素も多少はあります。
ほとんどが食生活や生活習慣により、体質が変わります。
食事・睡眠・運動のバランスがとても重要です。
そこを改善しつつ、体質に合った漢方薬を飲むことで、困った症状なども改善されて病気に
かかりにくい身体づくりができます。

ずいぶん前にかかって、途中でやめてしまいました。また行っても大丈夫ですか?

お客様の問診票や血流測定の結果は、保管してあります。
またイチからお話されなくても大丈夫なので、ご都合のよい時にお越しください。

ドラッグストアで自分で漢方薬を選ぶのとは違いますか?

ドラッグストアで扱われている漢方薬は種類が限られています。
漢方薬局では舌診や脈診をしてお客様の体質と現在の体調を総合診断して、種類豊富な漢方薬の中から
選ぶことができます。
ドラッグストアで漢方薬のパッケージに書かれている症状と、ご自身の症状が合えば良いのですが、
症状と体質、体調から漢方薬を選ぶことは案外難しいのです。

いくらかかるか心配です・・・。

ご要望に応じてご相談させて頂きますが、大体1日分は300円~500円位です。
ご予算がお決まりの方は教えてください。
高貴な薬・健康食品が必要な方は上記より費用がお高くなってしまいますが、
大体ひと月10.000円位~とお考え頂ければよいかと思います。
ご相談料は頂いておりません。

自分の症状に漢方でいいのか、わかりません。

迷ったら電話でも良いのでお聞きください。
漢方治療に向いていないのは、緊急の処置・手術が有効な症状・一時的に抑えるだけでよい症状などです。
漢方治療に向いている症状は、
◎検査上は何も問題ないけど起こる症状(頭痛・肩こり・疲れ など)
◎病名がつきにくい、慢性的な症状(冷え・胃腸トラブル など)
◎身体のいろいろなところに同時に起こる症状(月経前症候群・不定愁訴 など)
◎疲労やストレスが原因とされている症状(自律神経失調症・頭痛 など)
◎体質だからとあきらめているような症状(風邪を引きやすい・吹き出物が出やすい など)
◎予防が治療となるような症状(アレルギー性の疾患・痔 など)
です。

苦くて飲めなかったら無駄になりそう・・・。粉薬が苦手です。

漢方薬の味やにおいは薬効のひとつですが、飲めなくては残念ですね。
飲めないのでは、とご心配な場合は薬を決める前にお知らせください。
めぐる漢方薬局ではエキス製剤・散剤・丸剤・錠剤・甘いシロップタイプなどさまざまな剤型のお薬を扱っております。
ご希望があれば、店内で1回分をお飲みできます。大丈夫でしたらそのまま薬を作ります。
飲めないようであれば、別のお薬や方法をご提案いたします。

ちょっと高いですね・・・。

保険が使えないので、高く感じられるかもしれないですね。
ご予算を先に教えてくだされば、ご予算に合わせて一番良い方法をご提案いたします。
めぐる漢方薬局では高貴な動物製剤も扱っていますので、そういうものが高いと感じられるかもしれません。
ですが、ご予算に反して高い薬をお勧めしたり、無理に買っていただこうとしたりは決してありません。
ご安心ください。

ガンに効く漢方薬あるそうですが、どんな漢方薬ですか?

そのような情報もあるようですが、ガンを根治したり、治したりする漢方薬や健康食品は今のところありません。
ですが、飲むことにより体の免疫力を高めて、生活の質を維持できる方法はあります。
免疫力は漢方薬を飲めばすぐに上がるわけではありません。
漢方薬や健康食品を飲みながら生活習慣や食事の内容を良い方向に変えて、ガンの治療に耐えられる身体
づくりができる方法を、めぐる漢方薬局ではお勧めしています。

不眠で西洋薬を飲んでいます。不眠に効く漢方薬はありますか?

ございます。
体のバランス(気・血・水)や栄養状態の改善により、気分が落ち着き、眠れる体づくりができます。ご相談ください。
ただ、やはり西洋薬を飲まれている方より、まだ西洋薬を飲まれていない方のほうが、漢方薬の「効き」は早くなる
傾向はあります。

漢方でよく聞く『証(しょう)』って何ですか?

患者さん1人ひとりの心と体の状態をあらわしたものです。
これは漢方で最も重要な役割を果たすもので、証によって処方される漢方薬が決められます。
証は「陰陽(いんよう)」「虚実(きょじつ)」「気(き)・血(けつ)・水(すい)」といったさまざまな‟ものさし”によって判断されます。証は、いわばオーダーメイドの洋服を作るための型紙です。
‟ものさし”によって体格や体質、体力や心理状態などを測り、個人差に合わせた型紙(証)が作られ、その患者さん
専用の洋服(漢方薬)が仕立てられます。
そのために西洋医学的病名は同じであっても、証が違えば異なる漢方薬をお勧めします。
逆に西洋医学的病名は異なっても、証が同じであれば同じ漢方薬をお勧めします。

漢方薬は長く続けないと効きませんか?

現在のお体の状態(年齢・生活習慣・食生活・心の状態 等)や、お薬を用法通りにお飲みいただけているか、
証とお薬が合っているか、などにより、早く良い方向に向かう方、効くまでに少しお時間のかかる方の差が出る
事があります。
証が合っている場合でも効果を実感するには2週間~1か月位はかかります。
風邪やこむら返りなどには即効で効く漢方薬があります。

勧められて買った漢方薬が合わない・飲みづらい・変えたい時は?

お話をお伺いして、他のお薬に変更したり、対応策をご相談させていただきます。

血流計って何ですか?

中医学の『脈診』を簡単に測定し、数値化できる機械です。
血圧・脈拍数・血管年齢・末梢抵抗・血流量・基礎代謝等を数値化し『証』をわかりやすくご説明できるように
したものです。
めぐる漢方薬局ではお客様の『脈診』は血流計で計り、お客様の今のお身体の状態をご説明いたします。

欲しい薬や健康食品の取り寄せはしてもらえますか?

大抵の商品は2日から1週間ほどでお取り寄せできます。
ご相談ください。

処方せんは受け付けていますか?

処方せんをお受けすることはできますが、保険は使えません。
お渡しも少しお時間をいただきます。

めぐる漢方薬局では保険は使えますか?

申し訳ございません。保険は使えません。
病院で処方される漢方薬は「医療用漢方製剤」。漢方薬局で扱う漢方薬は「一般用医薬品」なので
保険が適用されません。
医療用漢方製剤は種類が限られています。
めぐる漢方薬局では漢方中医学理論に基づいた、幅広い漢方薬を取り揃えております。

犬や猫にも使える漢方薬はありますか?

皮膚病やアレルギーに実績のあるサプリメントはございます。

どんな漢方薬を取り扱っていますか?

エキス製剤(生薬を煎じて乾燥させたもの)を中心として、生薬製剤、動物製剤を多く取り扱っております。

クレジットカードは使えますか?

VISA JCB MasterCard AMERICANEXPRESS DinersClub DISCOVER です。