HOME > めぐるコラム

めぐるコラム

毎日暑い日が続きます ~夏バテにも漢方~

梅雨と大雨が明けたと思ったら突然!大変な酷暑の日が続いています。
暑い時はクーラーの効いた部屋で冷たい食べ物や飲み物をたくさん摂ってしまいがちです。
冷えの影響をもっとも受けるのは『胃・脾』です。特に冷たい飲み物は胃の温度を一気に下げてしまい、元の温度に戻るまでに数時間かかるといわれます。その間、消化活動はほとんど休止状態になってしまいます。そのため消化不良・食欲不振・下痢・嘔吐などの症状が表れるのです。
食べられないと疲れやすくなったり、だるさが抜けなかったり、朝起きられなかったりします。いわゆる『夏バテ』の症状です。『熱中症』は『夏バテ』とは違います。熱中症は高温と多湿の環境下で引き起こされる体の不調のことです。室内でも起きるケースが多く、年々増加傾向にあります。単なる夏バテと勘違いして対応が遅れないように注意が必要です。めまいや立ちくらみがしたり、足がつったり、汗が止まらなくなるようなときは、熱中症の始まりと考えられるので、すぐに水分と塩分を補給します。
中医学では夏バテには3つのタイプがあるとされます。1つ目は『気虚』タイプ。暑さによる気の消耗が大きな原因で、元気がない・食欲減退・だるいなどが主な症状です。
2つ目は『陰虚』タイプ。汗などで体内の水分を大量に失うために脱水症状に近い状態を起こします。ミネラル分が大量に失われ、疲労感やだるさ・イライラ感が主に症状として表れます。
3つ目は『湿邪』タイプ。冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎで胃腸が冷えて、消化能力が落ちます。消化不良や腹痛・下痢などの症状を起こします。
めぐる漢方薬局では、さまざまな夏バテの症状にもご対応しております。夏バテを予防できる漢方ドリンクなどはお客様に大変ご好評いただいております。
夏バテ予防・夏バテ症状にお困りの方はめぐる漢方薬局に1度ご相談ください。



若い方も漢方 ~年配の方だけのものではありません~

テレビを見ているとよく、お年寄りの行動を表すのに『毎日漢方せんじて飲んでます』という紹介のされ方をして笑いがおきたりしています。『漢方薬を飲む』=『お年寄りのすること』というイメージが世の中には浸透しているので、笑いになるのでしょうね。
もちろん、年齢の高い方で漢方薬を飲まれる方は多くいらっしゃいますが、めぐる漢方薬局では20代~50
代の方もとても多くいらっしゃいます。
ご相談の内容も、PMS(生理前症候群)・ダイエット・便秘解消・妊活・更年期症状・鼻炎などの体質改善のお悩みから、風邪の引きはじめ・へとへとの疲れ・イライラを抑えたい・吐き気を抑えたい、などの即効性を求められる事まで多岐にわたります。
漢方は『どう利用したらよいかわからない』『お年寄りの飲むもの』というイメージがまだあるようです。
来られる前はかなり躊躇していました、というお客様も1度めぐる漢方薬局に来られると『もっと早く来て相談したら良かった』『こんなに何でも相談して良かったんですね』と言ってくださります。
何でもインターネットで手に入り、調べてわかる時代ですが、実際お会いしてお話をお聞きしたからこそわかることもたくさんあります。お店まで来られるのはとてもめんどくさく感じる方も多くいらっしゃると思いますが、1度ご相談されると次回からはお時間はほとんどかからないで済みます。最初は時間がかかるのは困る、というお客様も気軽に相談できるとわかって次回からも時間をかけて相談される方がほとんどですが。(笑)
めぐる漢方薬局は『漢方薬での健康相談専門薬局』をコンセプトとしております。上手く活用していただき健康な生活を送られてる方も数多くいらっしゃると自負しておりますので、興味のある方は1度お越しいたたけたらご納得いただけるかと思います。

かき氷の美味しい季節です ~氷食症のお話~

かき氷が恋しい、飲み物に入っている氷の冷たさがありがたい季節ですね。暑い季節に氷が食べたくなり、食べることは当たり前の感覚です。ですが、その氷好きが度を越していて季節に関係なく氷が食べたくてたまらない・氷をガリガリかじるのが好きで、どうにもやめられない、そんな方はもはや好みの問題ではなく『氷食症』かもしれません。氷食症は、土や石、チョークなど栄養もないものを強迫的に食べずにいられなくなる病気(異食症)の一種です。1日に製氷皿1トレイ分以上の氷を食べるというのが氷食症の一応の定義だそうです。口の中でガリガリとかじるような食べ方が特徴のようです。そんな氷食症の方はほぼ全員が『鉄欠乏性貧血症』だそうです。なぜ鉄欠乏性貧血が氷食症に結びつくかは諸説ありますが、有力な仮説は熱い口の中を冷やすために氷を求めるというものです。鉄の不足にともなって局所の自律神経バランスが崩れ、口中の温度が上がるのではないかと考えられているそうです。
その他、鉄の欠乏によってさまざまな症状が現れます。持久力が低下して朝起きられなくなったり、脳の活動をサポートできず記憶力や集中力、理解力が落ちたりすることもあります。貧血とまでいかなくても、女性の約4割は鉄欠乏の状態にあると考えられます。もちろんその全員が氷食症になるわけではありませんが、珍しい症状ではないそうです。
めぐる漢方薬局では、貧血症・妊活中・産前産後の方・激しいスポーツをする方・成長期のお子様など体内の鉄分が失われがちな方が、さまざまな不調でいらっしゃいます。鉄分・血液を増やす良い方法をご提案できていると思います。

いつもポケットに青汁 ~災害時のお役に立ちます~

先日6月18日に大阪北部・近畿地方で大きな地震がありました。被害も小さくはなく、お亡くなりになられた方は本当にお気の毒でした。
通勤・通学の時間帯で電車が止まってしまい、とても困った方が多くいらっしゃったようです。
あるお笑い芸人の方は、地震の影響で新幹線が止まってしまい、缶詰め状態で約9時間を過ごしたそうです。非常事態に関わらず、車内には状況を伝えるアナウンスがひんぱんに流されていたことから乗客たちは「そんなに大混乱じゃなかった」そうです。しかし早朝から何も食べずに乗車していた芸人の方は「ワゴンもすぐに売り切れてるから食べ物が手に入らない。水は持ってたけど、かなりお腹空いてきて我慢できなくて…」と"食糧難”に苦しんだそうです。いつも携行しているミント菓子を食べて空腹をしのいだそうで「もちろん地震の備えは大事ですけど、長時間移動する時には何か食べるものやお水をかばんに入れておくべきやなとあらためて思った」ということです。
以前から、めぐる漢方薬局でも災害時等の非常食の備えとしておススメしているのが『青汁』です。
めぐる漢方薬局で扱っている青汁は、大分県産有機大麦若葉の1番刈りを使用。独自の製法により、熱を加えず生のまま粉末化したものを1杯ずつ個別包装されています。生のままの栄養素・酵素・ミネラル等50種類以上の有用成分が活きています。野菜ジュース10杯より、めぐるの青汁1杯!といわれるほど、高い栄養素・ミネラル・酵素を摂れることが期待できます。
ご自宅やお出かけ時のもしもの時の為にめぐる漢方薬局の青汁を備えませんか?

風邪などで弱っている時 ~誰か蓋開けてください~

お客様のお話です。先日喉が痛く、身体がとてもだるい風邪をひいたようなので、何とかしようと常備していた栄養ドリンクを飲もうとしたそうです。すると『蓋が開けれない…!』。
普段なら軽く開けられるのに、だるくて力が入らないと栄養ドリンクの蓋が開けられなくて困ったそうです。
どうにかして開けたと思ったら変に力が入りすぎて蓋のふちで指の皮をかなり切ってしまったそうです。
弱り目に祟り目…。
身体が弱っていると、普段何でもないことができなくて困ると実感されたそうです。
私も薬屋なので、風邪の引き始めなどに薬を飲むことはとても簡単なのですが、薬を選ぶ→収納場所から出す→白湯を用意して飲む というだけの作業を自分でしないといけないと、いつもの倍くらい時間がかかってしまいます。だるくて頭も身体もうまく働かないのです。
風邪の引き始めに素速く対処すると、ひどくならずに終息できることが多くあります。それらの経験から、風邪の引きはじめに用意があると便利な漢方薬のセットを作りました。
実際風邪の引きはじめに用意があったのでとても楽でした。栄養ドリンクよりはるかに元気と気力が出る『牛黄』も常備していると『蓋が開けれない』で困ることもなく、とても便利です。
皆さんも風邪の引きはじめの症状に合ったご自身のオリジナル『漢方薬セット』を常備してみませんか?



漢方薬局はどんな時に利用? ~上手に活用するには~

漢方薬局を利用するのはどんな時かよくわからない、という方は非常に多いと思います。私も漢方を勉強するまでは漢方薬局はどんな人が、どんな時に利用するのかほとんど知りませんでした(笑)
漢方専門薬局は『薬剤師がお客様にお渡しする漢方薬を選ぶ』機会が多い事が特徴です。お客様の症状のお悩みを解決するために改善のお手伝いをできる場所だと考えております。それならドラッグストアなどとあまり変わらないのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、漢方専門薬局とは扱っている漢方薬の種類や薬の販売方法も違います。薬を扱う店舗には薬局と薬店があります。『薬店』は登録販売者が管理者になって開業することも可能で、一般用医薬品(第二類・第三類のみ)を販売することができます(薬店でも店舗に薬剤師がいれば第一類医薬品も販売可能)。
『薬局』は薬剤師が常駐し、薬を調剤する調剤室の併設義務があり、医師の処方箋に基づいて調剤する『医療用医薬品』と『一般用医薬品』のいずれも取り扱いが可能です。ちなみに漢方の『煎じ薬』は薬局製剤許可が必要になるため、調剤が可能な『薬局』でないとお客様に提供できません。商品を箱から出して小分けで販売することも『薬局』でないとできません。
漢方薬のほとんどが第二類医薬品なので、薬局でも薬店でも漢方薬を取り扱うことが可能ですが、このように販売できる漢方薬や扱える漢方薬の違いがあります
さらに漢方専門薬局では漢方に関する深い知識を持つ薬剤師がお客様のお悩みやお話を時間をかけてお聞きいたします。お悩みやお話からオーダーメイドで薬をお出しできるので、お悩みや症状に効きやすいのです。
漢方は幅広い症状やお悩み、病気の予防(未病先防)に対応できます。ご相談ください。

癌に効く漢方薬 ~和子さんの漢方薬~

現在放送中のNHK連続テレビ小説『半分青い』5/25放送分の内容の中で『癌に効く漢方薬』『喘息も漢方薬で治った』
『ムンプス難聴は漢方薬では治らんかった』と、漢方薬が少し登場しました。
主人公がムンプス難聴で左耳が聞こえない・主人公の幼馴染が幼少期に喘息で苦しんでいた・主人公の師匠がどうやら5年前に克服した癌が再発した(?)という話の中で主人公の幼馴染のお母さんの『和子(わこ)さん』が『治るかわからんけど気休め』でと漢方薬を使ったり主人公のお母さんに勧めたり、主人公の師匠の癌に効けば、と『サメ軟骨』の漢方薬(?)を用意します。和子さんの漢方薬の先生に癌に効く漢方薬を聞いたら『どこの癌かわかればいいけど、とりあえずサメ軟膏』とお勧めした、とやっていました。
なんだか懐かしくなりました。このドラマの設定が現在放送中の中では1990年頃です。確かにこの頃からしばらく『癌に効くサメ軟膏』と言われていたと思い出されました。あとは冬虫夏草やアガリクス茸がとてももてはやされました。
めぐる漢方薬局では『癌に効く・癌が治る漢方薬』は扱っておりません。『癌が消滅する!』漢方薬は私は勉強不足なのか、知りません。癌に罹ってしまった方の身体の免疫機能を上げて、体調を良い状態で維持できるような漢方薬を、基本お勧めしています。めぐる漢方薬局にご相談ください。

もうすぐサッカーW杯 ~声のお守り漢方薬あります~

あとひと月程で4年に一度のサッカーW杯がロシアで開催されます。楽しみにされている方も多いのではないでしょうか?
サッカーに限らず、プロ野球やJリーグ、Bリーグなどのスポーツ観戦では大きな声での声援が付き物です。
大きな声をたくさん出し続けていると、喉を酷使して声枯れしてしまうことがあります。
そんな時にもお役に立てる漢方がイスクラ産業の『響聲白龍散(きょうせいはくりゅうさん)』です。
響聲白龍散』は余甘子・桔梗・銀茸など喉に優しい植物素材が配合された発砲顆粒です。薄荷油と発砲の清涼感が気持ちよく喉の不快感をリフレッシュして、声枯れに優しく効きます。
発砲顆粒なので水なしでも飲めますから、外出時なども気軽に服用できます。
こんなときにおススメします。
喉の酷使時・声枯れ・喉の違和感時に。
◎空気が乾燥して喉がイガイガする・空気乾燥している時の外出時に。
◎風邪かな?と喉が違和感がある時。
◎寝起きなど、口内が気持ち悪くリフレッシュしたい時。
◎合唱やカラオケで喉を酷使する・した時。
◎アナウンサーや歌手など、美声を職業とされる方
◎『声のお守り薬』として常備。
めぐる漢方薬局でもアナウンサーや合唱の先生など、美声をお仕事にされている方にお使いいただき喜ばれています。


ゴールデンウイークで疲れた方は ~牛黄・牡蠣肉エキス~

ゴールデンウイークの長いお休みが終わりました。
旅行やお出かけ、帰省などで大変お疲れの方も少なくないかと思います。
通常の生活に戻らないといけないのはわかっていても体はへとへと、という時は本当に辛いものです。
そんな時にはドラッグストアなどでドリンク剤を購入して飲まれる方もいらっしゃると思います。
ドリンク剤も良いのですが、ドリンク剤には糖分やカフェインも多く含まれている製品が多いので、糖分やカフェインを摂りたくない方には不向きかと思われます。
漢方製剤の『牛黄製剤』『牡蠣肉エキス』なら糖分やカフェインは含まれず、疲れに大変よく効きます。
◎やる気が出ない
◎疲れが取れない
◎寝つきが悪く、朝起きられない
◎不規則な生活が続き、偏食が心配…
こんな方は、ぜひ一度お試しいただきたいと思います。

漢方ダイエット ~三爽茶のお話~

漢方でダイエットをしたい、というお客様はめぐる漢方薬局にもたくさんいらっしゃいます。
お客様の要望・ご体質に合わせておススメしている方法が数種類あります。
最近ダイエットが成功したお客様にお使いいただいたのは『三爽茶』というダイエット茶です。
この方は基礎代謝が悪く、むくみがちで、ついつい食べ過ぎてしまう生活が長かったそうです。すべての食事をかなりしっかり食べて、お菓子やアイスクリームなどが大好きでたくさん食べてしまっていたそうです。
まずは食事量を減らすことと、夜にはほとんど食べないことを実践してもらいました。朝は軽め、昼はしっかり、夜はなるべく食べないで、替わりに青汁・晶三仙(漢方消導剤)・三爽茶を毎食後に1包ずつ飲む、という方法です。
青汁はめぐる漢方薬局おススメの大変質の高いものなので、お食事を抜いた分のミネラル・ビタミン類を補います。
晶三仙の主な使い方は、食べ過ぎた時や夜遅い食事の時に飲んでいただくと、消化を早く促す作用でお腹に食べ物を残さないので、スッキリした状態で翌朝を迎えられます。
三爽茶は柳茶というバラ科の植物を主原料に、蓮の葉・すぎな・シベリア人参を配合したダイエット茶です。チベットの民間では柳茶を家畜が食すと『脂肪が落ちる』と伝承しまうことからダイエットをサポートとするお茶として利用されるように。
この代替ダイエットを始めて、最初はとてもつらくお腹も空いて仕方ないのに体重は増えたりしてとてもつらかったそうです。何とか頑張って1か月くらい経った頃から毎日少しずつ体重が減り始めたそうです。結果1ヵ月半続けた現在4.5㎏の減量で、目標の10㎏までがんばれそう!とお喜びいただいてます。
ちなみにこの方は女性 30歳 160㎝ 62㎏から始められて、最終目標は52㎏です。
今ではお腹が空いても『苦しい!』ということは無くなったそうです。
このダイエット法は1例です。めぐる漢方薬局ではお客様のご体質などから判断したダイエット法で成功された方は、数多くいらっしゃいます。


漢方ダイエット ~三爽茶のお話~の続きを読む

1234567

アーカイブ