HOME > めぐるコラム

めぐるコラム

冷えのお悩み ~症状によって対処法も違います~

冷え』のお悩みでいらっしゃる方は、やはり暑い季節よりも11月くらいから増えてきます。
東洋医学ではからだが冷えやすいことは『体質』ではなく『病』です。だから『冷え性』ではなく『冷え症』と書きます。冷え症は肩こり・腰痛・生理痛をはじめ、あらゆる病気や不定愁訴の原因にもなります。
冷えは全身の血流に影響を与えるため、さまざまな不調を引き起こします。まったく関係ないように思われる頭痛・肩こり・吹き出物なども冷えが原因であることも。生理痛や生理中に現れる腹部の張り・便秘・下痢などの症状も冷えが大きな要因と考えます。冷えを改善すると生理中の痛みをかなり減らすことができます。からだのパーツのなかでも特に冷やしてはいけない場所があります。それが『お腹』『首の後ろ』『足首』の3ヶ所です。『お腹』を温めると臓器の動きが活発になり、代謝機能が活性化します。『首の後ろ』は太い血管が通っているので、温めることで全身に血液が巡るようになります。足先が冷えやすい人は特に『足首』を温めるのが効果的です。
現代人はエアコンや冷蔵庫の普及で年中冷えやすい環境にあります。
最近知った情報で『日本酒の温度』について興味深い内容があります。
日本酒の『冷や』というと私もですがほとんどの方が『冷やした状態の日本酒』と想像されると思います。
ですが『日本酒の冷や』の本来の意味は『常温・燗のしていない日本酒』のことです。
『冷酒』が『冷やした酒』のことだそうです。冷蔵庫の普及につれ『冷たい酒』→『冷や』と使われるようになったそうです。最近は『冷や』の本来の意味が忘れられ、飲食店で『冷や』→『常温の日本酒』を出すと『ぬるい』とクレームがくるそうです。
このように、油断すると冷たい食べ物や飲み物を摂取しやすい環境もあるので、本当に冷えには気を付けなくてはなりません。
環境や食べ物で気を付けても冷えでお悩みの方は、漢方薬も効果的です。
めぐる漢方薬局で『冷え症』改善しませんか?

腸活生活に ~ひと味違う整え方を~

めぐる漢方薬局では、お客様のご体質やご要望に応じて『腸を良い状態に整える』お手伝いのできる漢方薬や健康食品をお出ししています。
腸の不調にもさまざまな原因・タイプがあります。
腸の調子を整えることで腸以外の不調が改善する、ということはまだまだ知られていないようです。
腸の環境は、食生活と深い関係があります。昭和30年代と現代を比較すると、日本人の食生活はとても変わっています。肉類は15倍、牛乳・乳製品は25倍、摂取が増えています。逆に米は半分、さつまいもは1/10以下に減っています。あまつさえ、お菓子や菓子パンを主食として済ませてしまう方も増えているそうです。肉食中心の生活になったことで、腸の中で食べ物が腐敗しやすくなっています。植物で例えやすいのですが、土壌から栄養がまったく上がってこなければ植物は枯れてしまいます。逆に栄養を与え過ぎたら『根腐れ』してしまいます。人間も栄養を与え過ぎると『腸内が腐敗』してしまいます。
腸の中にはたくさんの腸内細菌が棲んでいます。その様子がまるでお花畑のようなので『腸内フローラ』と呼ばれています。腸内細菌には『善玉菌』『悪玉菌』『日和見菌』があります。健康な人の腸内では善玉菌が悪玉菌より優勢になっていて、日和見菌も善玉菌の味方をして理想的な腸内フローラになっています。
ところが肉類・卵・乳製品・加工食品(添加物)を中心とした食生活、さらにストレス・冷え・便秘などが加わると善玉菌が一気に増殖します。すると善玉菌の味方をしていた日和見菌も悪玉菌に加勢するので、腸内フローラが一層崩れてしまいます。つまり『腸内が腐敗する』ということは、悪玉菌優位の腸内環境で食物が分解されるということなのです。便やおならが異常に臭い人は危険信号です。悪玉菌による腐敗産物が溜まっている証拠です。
健康な腸内にするためには腸内フローラを常に善玉菌優勢にすることに尽きます。
善玉菌優勢の腸にするためには極端な粗食などにする必要はありません。穀物・野菜・海藻・小魚主体の日本の伝統食を摂るようにすると、善玉菌が生き生きとしてきます。
腸内環境を整えるために食事が大切とわかっていても、外食が多かったり、毎日用意が大変だったりで、改善するのはなかなか難しいという方は多いです。
そのような方のために、めぐる漢方薬局では漢方薬や健康食品をご用意しております。
腸内フローラの環境を整えストレスに負けない、美容に嬉しい、強いからだで毎日をスッキリできるお手伝いをできます。
めぐる漢方薬局で『腸活』してみませんか?

むくみのお悩み ~朝、顔も身体も!~

芸能人の女性で『むくみ』がひどい、特に朝がパンパンにむくんで大変!というお話がバラエティ番組から話題になっています。
朝は顔が別人のように腫れてしまうので、身体の水分がぬけるサプリメントを飲んでいるそうですが、あまり効果は感じられないようです。
めぐる漢方薬局でも、上記の女性芸能人の方のように『むくみ』がお悩みのお客様が割と多くいらっしゃいます。やはり朝が特につらい方が多いです。
漢方で『むくみ』は気血のめぐりが滞るとともに水のめぐりも滞り、新陳代謝が悪くなる『痰湿』(からだの余分な水分や脂肪)が溜まりやすくなっている状態です。
胃腸の働きが弱い・胃腸に負担のかかる食生活によって、消化・吸収・排泄が上手くいかないことが主な原因です。
下半身が重だるく、脂性肌でニキビや吹き出物が出やすいほか、痰が多く、めまいや吐き気などを感じることがあります。
生活で気を付けると良いことは、お酒やたばこはできるだけ減らして、運動や入浴で汗をかくことも有効です。食生活の見直しも大切で、味の濃いもの・生もの・冷たい食べ物や飲み物の摂取は控えます。
なお、むくみのなかには腎臓病や心臓病などの深刻な病気が潜んでいる可能性もあります。疲れやすい・だるい・動悸がするといった症状を伴うむくみが何日も続く場合は、医師に相談された方が良いでしょう。

漢方薬でも『むくみ』を改善できますが、生活・食養生もとても大切です。

受験生の方へ ~漢方薬あれこれ~

そろそろ本格的に『受験シーズン』がやってきます。暑い暑い夏が終わって、ようやく過ごしやすく勉強に集中できる気温になってきてホッとしたのも束の間、今度は寒さと空気の乾燥と『風邪・インフルエンザ』などの感染症の気になる季節がやってきますね。
受験生の方のお悩みで多いのは
風邪やインフルエンザなどの感染症にかかったり、病気で寝込んだりしたくない。
②ずっと勉強していると頭がボーっとして、集中できなくなってしまう
③勉強しても勉強しても心配! もっと頭の働きを良くしたい…。
④心配で、疲れているのに眠れない…。ちゃんと寝たい!
⑤塾に缶詰めでコンビニ弁当など外食続きで栄養不足が心配体力の低下を感じます…。
⑥ものすごく『あがり症』なので、大切な試験日に実力を発揮できるか、とても心配!

などのお悩みです。受験生の方や、受験生をお持ちの親御さんやおばあ様がこれらのお悩みでめぐる漢方薬局にいらっしゃいます。いずれも漢方薬や健康食品で改善できることなので、お悩みを改善して受験に臨めた、とお喜びいただいております。

風疹が流行しています。 ~予防を心掛けましょう~

風疹とは、急性の発疹性感染症で、流行は春先から初夏、潜伏期間は2~3週間とされています。
従来、集団生活にはいる1~9歳ころ(1~4歳と小学校低学年)に多く発生していましたが、近年は多くが成人男性が罹患しているそうです。30~50代の男性で風疹の免疫を持たない人は5人に1人だそうです。
妊婦さんで妊娠20週(初期)頃の女性がかかると胎児も感染し、難聴・心疾患・白内障・精神や身体の発達の遅れ等の症状が出る可能性が高くなるそうです。
風疹ウイルスは風疹患者の飛まつ(唾液のしぶき)などにより感染します。感染力ははしか(麻疹)や水ぼうそう(水痘)ほどは強くありません。
 風疹にかからないようにするには、まずは予防接種が大切です。風疹の抗体検査を行い、風疹予防のワクチン接種をしましょう。
これから流行するとされるインフルエンザや感染性胃腸炎(ロタ・ノロウイルスなど)の『感染症』と同じく風疹もマスク・咳エチケット・外出後の手洗い『うがい』が予防に有効と言われています。
めぐる漢方薬局で扱っている『板藍茶』『板藍のど飴』という商品がありますが、主成分の板藍根(ばんらんこん)は『漢方の抗生物質』とも呼ばれており『抗ウイルス作用』『抗菌作用』『解毒』『解熱』作用があると言われている植物です。
風邪やインフルエンザの流行が始まる今くらいから『板藍茶』『板藍のど飴』をお買い求めされるお客様がとても多くいらっしゃいます。
『板藍茶』は板藍根の煎じエキスを顆粒状に飲みやすくした商品です。『板藍茶』をぬるま湯に溶く→うがい→飲む が一般的な使い方です。
『板藍のど飴』は一般的なのど飴と使い方はいっしょです。人混みする場所で感染が気になってもうがいはできない時などに舐めます。一般的なのど飴と違うのは『抗菌・抗ウイルス作用』があることです。
感染症予防にいかがでしょうか。

お問い合わせやご質問 ~治りますか?~

お客様とお話している時や、お電話・メールなどで、ご質問やお問い合わせをたくさんいただいております。内容は多岐にわたりますが、その中でも特にご質問の多い内容がいくつかありますのでご紹介いたします。
Q1.こんな病気は治りますか?
Q2.治るまでどれくらいかかりますか?
Q3.いつまで飲み続けなければいけませんか?
Q4.口内炎は治りますか?

大体上記のようなご質問を多くいただきます。お答えとして
Q1A.西洋医学のように『病名』から薬を決めることは、あまりありません。例えばお客様に『更年期障害でつらい』と言われても、『更年期障害だからこの薬』とお出ししません。お客様にお困りの症状をお聞きして、1番速く治したい症状の順番で相談しながら薬を決めていきます。続けていただくとお客様の『こんな病気』は1度では治らないかもしれませんが、徐々に『お困りの症状』が緩和されていくと思います。だんだん身体の調子が良くなり、痛みや不快感を感じなくなる日が増えていく…それが漢方を続けた方の感想で多いものです。
Q2A.症状によります。瞬時に治るものもあります(こむらがえり)。慢性的な症状や長年お困りの症状などは早くても2ヵ月、平均3.4ヵ月で改善してきます。薬を飲み忘れることなくがんばってお飲みいただいた方は、やはり改善も早いです。
Q3A.不安になる方が多いようです。Q2Aとつながっていますが、早く改善への近道は、飲み忘れなく薬を飲み、生活習慣の改善などにも取り組んでいただくことです。とてもまじめに取り組んでくださるお客様は良い結果も早く出ています。これはダイエットや美容のお客様にも通じています。
Q4A.
口内炎のご相談もとても多いのですが、おもしろいのは他のご相談でお越しのお客様が、ご相談の最後に『私ではないのですが、〇〇(ご主人・奥様・お子さんなど)が口内炎で悩んでいるのでなおりませんか?』と質問されることがとても多いことです。もちろん、早く改善する方法がありますので、お試しいただき、お喜びの声もいただいております。




ご存知ですか?ゴースト血管 ~毛細血管を見れます~

最近テレビなどでも話題の『ゴースト血管』をご存知ですか?
ゴースト血管とは、血液が流れなくなり途中で消えてしまった血管のことです。
ゴースト血管が引き起こす病気は
①ゴースト化した毛細血管の周囲にある細胞に酸素や栄養が不足。また、不要物や毒素を除去することができない。
②結果、細胞が死んでしまい、健康や美容に問題を引き起こす。
③さらに認知症・骨粗鬆症のリスクも高まる。
というように血液や血管に問題があると、連鎖で不調や病気が引き起こります。
特に美容を気にされる女性はゴースト血管により皮膚に栄養が行かないと『しわ・シミ(細かいちりめんジワ)』の原因にもなるのです。
ゴースト血管の発生は生活習慣の悪化が大きな要因です。
①『糖質の過剰摂取』は最大のリスクとされています。
高血圧・運動不足・睡眠不足
③タバコの煙
④ストレス

漢方ではこうした要因による血行不良を『瘀血』の状態といいます。
血流を良くし、毛細血管に流れを呼び戻すには
①生活習慣の改善
②ふくらはぎを動かす運動(スキップなど)
漢方薬(お客様の体質に応じてご提案いたします)
などが効果的です。めぐる漢方薬局では、オートフォーカスマイクロスコープでお客様の血流を観させていただき、毛細血管の様子を画像で見ていただいきながら、その日の血管の状態をご説明するサービスをしています。画像は保存しますので、過去の血管の様子と比べていただいてます。毛細血管の状態を見たい・毛細血管の状態が気になる、という方は、めぐる漢方薬局にお越しください。

我が家の犬は元気で長寿 ~漢方的養生生活してます~

私事で恐縮ですが、私の家で飼っている犬の話です。
私の愛犬はロングヘアのミニチュアダックスフンドの女の子(雌)で、年齢は17歳3ヵ月です。人間の年齢に換算すると(諸説ありますが)90歳から100歳くらいです。
少し足腰が弱ったり、反応が鈍くなったりしていますが、とても元気です。
目・鼻・耳も衰えはあるものの、ちゃんと機能しています。毛の色はブラックタンといってドーベルマンと同じ色と模様です。多少白髪があるものの、黒々とツヤツヤしています。
食欲旺盛で、1日2回のご飯と1日1回のおやつの前はそわそわして小躍りしています。
よく言われる認知症のような症状はまったくありません。
病気は14歳の時に子宮蓄膿症で手術しましたが、普段はほとんど病気をしません。たまに下痢気味な日がありますが、すぐ治ってしまいます。
こんな健康な長老犬です。たまたま健康な長寿の個体だったかもしれませんが、我が家なりのこだわりの『中医学的養生生活』で過ごしてきたので、ご紹介します。
①食事は基本手作りで温かいもの
 犬の食事の手作りには賛否両論ありますが、我が家では90%手作りです。基本は鶏むね肉を一口大に切
 ったものと、人参・ブロッコリーの芯・きのこの根元・キャベツの芯などフードプロセッサーで粉砕したものを適量の水から煮たもの。あとは鶏肝肉と鶏の砂肝を煮てフードプロセッサーで粉砕したものを半分づつ適量入れます。そこに納豆・かぼちゃの煮たもの・ふかしたさつま芋・豆腐など(味付けなし)をトッピングしたものを与えています。おやつは牛のアキレスを干した市販品で、よく噛む楽しさを。手作りフードが作れなかった日は市販品の缶詰めのウエットフードを与えています。
②家の中で基本放し飼いでストレスなく
 お留守番の時もそのままです。家具を破壊したり盗み食いしたりしません。粗相もめったにしません。
 ストレスのないように暮らしているからでしようか。
③散歩は1日2回で運動不足解消
 距離はだんだん短くなってきていますが、散歩はできる日(暑すぎず雨が降っていない)は1日2回散歩で 運動不足解消とストレス発散・決まった時間の排便をしています。とても若々しいので、年齢を聞いて 驚かれます。
④早寝早起き
 犬なので昼間なども好きに寝ていますが、食事・散歩・就寝時間や起きる時間を人間に合わせていま  す。夜もおとなしく寝て、朝も気持ち良く起きてごきげんです。
中医学で健康寿命を縮める5大悪習慣とされているのが 
①ストレス ②夜更かし ③ダイエット(極端な方法) ④食の不摂生 ⑤肥満・運動不足 です。
持論で恐縮ですが、犬の健康法も人間と基本は変わらないのでは、と実践してきました。現在上記のように若々しい健康な長寿犬です。
犬の話で恐縮ですが、ご参考までに…。

生理前にイライラしたり落ち込んだり大変です ~PMS(月経前症候群)です~

めぐる漢方薬局にはPMS(月経前症候群)らしい症状にお困りでいらっしゃる方が多いです。
常に変動する2つの女性ホルモンの影響を受けているのが女性の心と体。特に大きく変動するのが月経の前の2週間位の間。妊娠をキープするためのプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が盛んになる時期です。このときに起きることのあるさまざまな症状をひっくるめて月経前症候群と呼びます。
【生理前にこんな症状の起きる方は月経前症候群かも】
◎お腹が張る・痛い
一日中眠い
◎むくむ
常にイライラする
訳もなく落ち込む
◎食欲が増す。
◎肌荒れしたりニキビができる
◎下痢したり、便秘がちになる
やる気がでない・集中力が低下する

PMSを悪化させてしまう原因は
食習慣の乱れ→暴飲暴食や偏食・栄養不足・冷たい食べ物や飲み物を好む など。
ストレス→仕事や家事・育児で追いつめられる・休養が取れない など。
薄着・冷房冷え→冷房冷えや、冬の寒い時も薄着する習慣 など。
睡眠不足→睡眠不足や昼夜逆転の生活、就寝時間の乱れ など。

めぐる漢方薬局では、お客様の症状や生活習慣をお聞きしてお客様に合うと思われる漢方薬をおすすめしています。生活習慣の改善も頑張ってくださった方は早くにPMSを改善されています。
PMSにお悩みの方は、1度ご相談ください。

漢方薬は高い? ~コーヒー代と変わりません~

めぐる漢方薬局は保険適用の漢方薬は扱っておりません。
保険適用外の生薬などを使う自由診療なので、金額は保険診療の漢方薬と比べると高く感じる方もいらっしゃることは漢方薬局の難点だと感じています。逆に良い点は、オーダーメイドの処方をおすすめしたり、お客様の必要とされる日数分・量に応じて小分けでお売りしたりできることだと思っております。
漢方薬局を初めて利用される方は『とても高価』ではないかと心配されますが、必要な分を小分けでご提案しますと『これくらいなら続けられそう』とおっしゃって、実際満足されるまで続けてくださる方も多くいらっしゃいます。
浄水器製造のブリタ・ジャパンさんの調査で『2人に1人が毎日コーヒーを飲み、自由に使えるお金の1割超をコーヒーに費やしている』という実態があるそうです。コーヒーの購入に費やすのは平均で月に4876円だそうです。『自由に使える金額』の平均は月3万5047円だったため、14%をコーヒーに充てていることになります。更に年代が上がるほどコーヒーを飲む頻度が高まるそうです。
めぐる漢方薬局では1日分のお薬代は平均300円ほどで、月額は平均10000円位です。
コーヒー代と比べると倍ほどです。ですが、日々の不調が良くなったり健康や美容の維持ができることなので、決して高すぎる金額ではないと思います。考え方と、コーヒーがどの位必要かによりますが(笑)金額が心配で漢方のご利用を躊躇されている方の参考になればと思います。


123456789

アーカイブ