HOME > めぐるコラム

めぐるコラム

飲むマスク ~新型コロナウイルスに効果?~

新型コロナウイルスは拡大を続ける一方で、終息の兆しは全く見えません。
タレントの志村けんさんがお亡くなりになったとのニュースによって、皆さんなんとなく『身近な親戚』の方が亡くなった様な感覚になり、一気に新型コロナウイルスの恐怖がさらに身近になられたようです。
私も4月11日(土)は姪の結婚式出席を予定して、皆さんにも臨時休業のお知らせをしていたのですが、先日『結婚式延期』の知らせがあり、急遽『臨時休業中止』を決めました(当ホームページお知らせ欄にも載せております)。新型コロナウイルスはもうかなり身近に、大小さまざまな影響を及ぼしています。
新型コロナウイルスに効く』『新型コロナウイルスに罹らない』などの謳い文句のついた健康食品も出回っていて、摘発されました。
中国では、飲食店で『N95マスク ミルクティー』という飲み物を開発して販売したそうです。
N95マスクは医療現場などで使われる気密性の高いマスクです。このミルクティーはカップにマスクの絵が書いてあるだけで、特にN95マスクとは関係ないようです。
このミルクティーの中身は『5gのブラウンシュガー』『10gの板藍根』が入っているそうです。
板藍根といえば、Twitterでも『飲むマスク』として話題で、めぐる漢方薬局でも販売しています『板藍茶』『板藍飴』『板藍根エキス末』の主原料の生薬です。
板藍根はアブラナ科ホソバタイセイの根のことです。外出から帰宅後すぐに板藍茶でうがいしつつ飲んだり、外出中の人混みが気になる時に板藍飴を舐めたりで、風邪やインフルエンザの流行しやすい季節には『守り神』のように愛飲されています。
ただ、この中国のミルクティーは批判されているそうです。
適当に漢方薬を飲み物に混ぜて大丈夫か』『新型コロナウイルスを利用した宣伝』などが問題視されているようです。
板藍根には問題はありません。まさに上記のように『新型コロナウイルスに効く』かのように宣伝して、適当にミルクティーなどにして提供することが問題だと思います。
漢方薬はキチンと飲めば薬効も副作用もあります。
新型コロナウイルスに効く』と、適当な扱いをして『漢方薬は怪しい』と言われるようなことは無いようにしなくてはいけません。



犬の抜け毛・下痢 ~犬条虫症後のケア~

何度かご紹介していますが、我が家にはミニチュアダックスフンドがいます。ロングヘアーで毛色はブラックタン。♀で現在17歳9か月です。人間の年齢では88から90歳くらいでしょうか。
高齢ですが、割と健康で食欲も旺盛です。ゆっくりですがふつうに歩けますし、いわゆる認知症などの症状もほとんど出ていません。ちょっとした老化現象はありますが、生活に困るほどではありません。
そんな彼女ですが、時々皮膚病などにかかることもあり、そのことは以前のコラムでも紹介しています。
今回は2020年1月の後半くらいからのお話です。その頃から、いわゆる『鼻づら』の毛がどんどん抜けてしまい、あっという間に鼻づらの上部前半分が『つるっぱげ』になってしまいました。冬はあまり飲まない水もがぶがぶ飲むので、調べてみるとどうも『ホルモンバランスの異常』が原因ではないかということで
動物病院で診ていただくことにしました。やはり先生も『ホルモンバランスの異常が原因』ではないかとの診立てで、ホルモンの分泌を促す薬が出されました。それを3日程飲ませたら下痢が始まりました。3日程様子を見ましたが、どんどん下痢は酷くなり、食欲はあるのに瘦せてしまいました。動物病院に問い合わせましたがホルモンの薬が原因とは考えにくい、と言われました。もう一度病院で診てもらおう思っていた時にまた便をしました。片付けようとちかづいたら、何やら便に白く長い米粒のようなものが…。しかも動いている!!
あまりに気持ち悪いので、思わずすぐに捨ててしまいましたが、本当はその便を保管して病院に持っていくか、写真を撮れば良かったようです。なにも無いと診断が難しくなるようです。
動物病院で一連のことを告げると『犬条虫症』だと思いますと告げられました。いわゆる『サナダ虫』が犬のお腹に寄生している状態です。割と一般的な寄生虫症で、主に蚤などから伝染ることが多いそうです。
下痢を止め、駆虫薬を与えました。下痢で落ち着かない日が続いていたのでとても疲れていたのでしょう。翌日もご飯の時間以外は丸一日寝ていました。
抜け毛も水の多飲も下痢も『犬条虫症』の症状の1つです。駆虫薬を与えたので、これで原因は取り除かれると思い、中医学治療を始めることにしました。毎食前に乳酸菌とスクワランカプセルを与えます。抜け毛部分にはスクワラン&マスティックのリキッドを塗り込みます。
始めて2週間くらいで『つるっぱげ』だった鼻づらの皮膚がきれいに落ち着いてきました。それから10日後くらいして禿げた部分の周りから少しづつ毛が生えてきたのです!それから全体にパラパラと毛が生えてきて、今では6割方元通りになってきました。以前ほどみっしり密集した状態はまだまだですが。
皮膚も光ってつるつるでちょっと病的な感じだったのが、落ち着いた健康な皮膚になってきました。
下痢も段々と収まってきて、今ではいかにも『健康な腸!』という便に変わりました。
やはり皮膚の健康には腸内環境を整えることが大切だとわかります。
病気自体を治した後のケアは、やはり中医学は得意とするところだと思います。

乳酸菌を摂取したい ~ヨーグルトよりスキル~

新型コロナウイルスの勢いはなかなか収まらず、終息する気配もみせず、ついにはWHOから『パンデミック』宣言まで出てしまいました。
テレビでは連日新型コロナウイルス関連の出来事が報じられて、ネット上でもさまざまなデマが拡散され、異常事態をひしひしと感じます。
免疫力が上がることが期待できる食品として(コロナウイルス対策として)スーパーの棚から『ブロッコリー』『納豆』『ヨーグルト』が消えた!などとテレビで報じられていますが、『身体に良い』などの理由でテレビ等で紹介されて反響が大きく品薄になりやすい商品はいつも『納豆』『ヨーグルト』だと思います。
めぐる漢方薬局でも『納豆』はぜひ摂取して欲しい食品の1つとしてお客様にもお話しています。
ヨーグルト』はお客様に普段の食生活をおたずねするとかなりの9割くらいの方が『好き』『毎日食べてます』『朝食食べる時間がないのでヨーグルトだけは食べてます』と言われます。もちろん皆さん『健康や美容のために』食べてる方がほとんどです。ですから大変言いにくいのですが…『ヨーグルトは美容と健康のためには良くないので、大量に食べることは控えてください』とお伝えしています。
ヨーグルトは確かに乳酸菌を身体に取り入れるために良さそうな食品です。ですが
実は脂肪分が多い
冷たいので身体を冷やしてしまう
腸まで届く乳酸菌はヨーグルトでは取りづらい
という面もあるのです。ですから、乳酸菌を取り入れたい方なら直接乳酸菌パウダーなどを飲まれた方が良いですよと、めぐる漢方薬局では扱っている乳酸菌をお勧めします
それでも朝食やダイエット・腸活のためなど『ヨーグルトを食べたい!』という方はいらっしゃいます。そんな方にオススメな乳製品が3月末から発売されるそうです。
高たんぱく質で脂肪分ゼロの乳製品『スキル』です。スキルはアイスランド発祥の乳製品で100年以上の歴史を持ちます。アイスランドでは塩が生産出来ないので、肉の長期保存をするのに牛乳から出たホエイ(乳清)を取り除いたものを発酵し、水分を取り除く工程を経て出来上がるのが『スキル』です。アイスランドでは食事のメニューとして日常的に摂取されているそうです。ヨーグルトと比べて酸味が少なくクリーミーな味わいだそうです。なんだかとても良さそうですね。
乳酸菌を効率的に摂取されたい方は直接乳酸菌を。食事や間食として取り入れたい方は『スキル』がこれからは良いかもしれませんね。

新型肺炎治療 ~中医学も活用~

新型コロナウイルスが猛威をふるいだし、小中高校が一斉休校になるなど、日本中にも大変な影響をもたらし始めています。
いつまで続くことか、恐怖やうんざり感でいっぱいですね。
トイレットペーパーやティッシュペーパーが無くなるなどのデマに惑わされないように、平常心で過ごしていきたいものです。
3月1日の中日新聞朝刊での話題ですが、中国当局や官製メディアでは新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の治療をめぐり、中国伝統医学の『中医学』の活用実例を盛んにPRしているそうです。
西洋医学からは中医学を用いた治療法に疑義を呈する向きもあるそうですが、国策として中医学を推進したい中国政府の思惑も絡み、PRに拍車がかかっているようです。
中医学と西洋医学を融合させ、より優れた治療法や治療薬を見つけないといけない』というのが習近平国家主席の指示だそうです。
政府は、中医学を歴史の中で育んできた中国固有の知的財産と捉えて重要視して、習近平氏はその知的財産を新型コロナウイルスの治療に活用するよう大号令をかけたそうです。
中国メディアによると、湖北省の医療機関では、西洋医学の治療と組み合わせ、患者の症状に合わせた漢方薬が処方され、発熱や炎症を抑制する効果が見られたそうです。
中医学・漢方薬を扱う者として、大変うれしい内容の記事ではありますが、少し懸念もあります。
中国のような大国が『漢方薬を扱う』ように大号令をかけると、日本で手に入らない、入りづらい生薬や原料が出てくるのではないかという不安が出てくるのです。
実際牛黄などは以前から中国富裕層の買い占めにより、価格が高騰しています。
中医学・漢方薬が優れていることが認められることは大変うれしいことですが、弊害が出てこないか心配です。

私の父のお話 

私の父は3年前に膀胱がんがきっかけで亡くなりました。80歳でした。
生前の父は食べることが大好きで、焼き肉を始め、肉や魚をよく食べていました。白いご飯もよく食べる人で、なめ茸の瓶詰めや昆布の佃煮、辛子明太子などいわゆる『ご飯のお供』で白いご飯をどんぶり1杯食べていました。甘いものも大好きで、ブラックコーヒーと和菓子や洋菓子をよく食べていました。
中でもアイスクリームに目がなく、実家に行くといつも高級アイスから安いアイスで冷凍庫がパンパンでした(笑)。
たばこも35歳くらいまで吸っていましたが、きっぱり止めています。
お酒はそんなに飲まず、晩酌ほぼしませんでした。
健康診断も受診を勧められるものは必ず受診していました。かなりこまめに健診は受けていたのに、転移のがんが見つかったときはかなり進行していたので、本人はもちろんですが、私たち周りもショックを受けたものです。
父は健康食品やサプリメントも通販などで頻繫に購入していました。実家に行くと『皇〇』『黒酢にんにく』など有名なものをはじめ、ありとあらゆる種類の健康食品がテーブルの上に並んでいました。
私の父くらいの年代としては、割と平均的な生活ではないでしょうか。
父の亡くなった年齢は決して長生きではありませんが、早世ではないと思います。
私は薬剤師ですから西洋薬はもちろん、漢方薬も詳しい方だとは思います。父にも西洋薬のことは相談されて、よく聞いてくれました。ですが、漢方薬や健康食品はなぜかこちらの勧めるものをあまり聞いてもらえなかったのです。がんにかかってからは『がんには〇〇が効く!』のような書籍をたくさん読んではその本に書いてある〇〇←漢方薬や健康食品 を買って飲んでいました。
ある時父の買った『がんには〇〇が効く!』関係の書籍に載っていた『白豆杉(はくとうすぎ)』という植物のお茶ががんに効くから手に入れて欲しいと言われました。調べると白豆杉とは紅豆杉(こうとうすぎ)と同じものだとあります。
紅豆杉とは、中国雲南省などに自生している高山植物の一種です。1956年アメリカの化学者が紅豆杉の抽出物に抗がん作用があることを立証しています。日本でも1997年に抗がん剤として認可(保険適用は卵巣がん・乳がん・子宮がん・肺がん)されています。今では世界50数か国で抗がん剤として使われているそうです。
なぜか白豆杉は紅豆杉よりとても高額だったので、私は父に『白豆杉と紅豆杉は同じもの。白豆杉は高額だから紅豆杉を飲んだらいいよ』と言いました。ですが父は自身の読んだ本に『白豆杉』と書いてあるから、たとえ高額でも絶対に白豆杉が欲しい!と譲りません。
父が支払いをするとはいえ、同じものなのになぜか高額なものを買うのはもったいないと思い、何度も『同じものだから紅豆杉にしたら』と丁寧に説明して勧めましたが、絶対に聞いてもらえませんでした。
医学博士の書かれた本の力の前で、薬剤師の冷静な判断は無力でした。
漢方薬局でも、いつも一生懸命良かれと思うことをお勧めしていますが、空回りすることもあります。
勉強して、お客様のために良いと思う情報をお伝えしていますので、もっと信頼していただけるようにがんばっていきたいと思います。



酵素とは? ~健康にいいんですか?~

『酵素って何ですか?』『酵素を摂ると健康にいいんですか?』など、酵素についての質問を時々受けます。酵素というと、ヒトのお腹に入った食物の消化を助けて栄養として吸収させる『消化酵素』・呼吸したり怪我を治したりと身体の代謝を担っている『代謝酵素』がよく知られていると思います。
ですが、上記のご質問の方の言われる『酵素』とは『食物酵素』の事だと思います。
『食物酵素』は身体の外にあって、非加熱の生ものや、発酵食品に含まれているものをいいます。『食物酵素』を含む食事を摂ると、体内の消化や代謝が助けられると言われています。
日本の古くからの食生活には味噌・醬油・納豆・漬け物などの発酵食品が多く取り入れられています。
こうした発酵食品は善玉菌を増加させる働きがあるので、腸内環境を整えてくれます。日本人の肌が美しく、長寿である理由の1つとされます。
ですから、上記のご質問の『酵素を摂ると健康にいいんですか?』の答えは『はい、いいんです』だと思います。
発酵食品など、普段の食生活から酵素を十分に摂ることができれば1番良いのですが、中々難しい…という方には、毎日手軽に酵素を取り入れられる商品もございますのでお気軽にご相談ください。

感染症にかかりにくい身体

新型肺炎の話題が尽きません。心配ではありますが、恐れすぎても良くないと思います。
細菌やウイルスなどの病原体はどこにでも存在し、誰にでも感染する可能性はあります。大切なのは感染しないように予防対策をしっかりすること。感染しても発症しないようにしたり、ひどくならないようにすることです。
予防対策としては基本中の基本ですが、いつもよりこまめに手洗い・うがいを実践すること。中医学的には『衛気(えき)』を養うことが大切です。衛気は目に見えないエネルギーのバリアのようなもので、からだの表面に張り巡らされることで病気の感染を防ぐことができるのです。
感染しても発症しないようにするには免疫力を高めることです。そのカギを握るとされるのは『腸内細菌』とされます。腸の中には食べ物と一緒に細菌やウイルスなども入ってきます。こうした病原体の侵入を防ぐのも腸の役目。そのために腸内にはからだ全体の約7割の免疫細胞が集まっています。
この、腸内の免疫細胞を活性化させるのに重要な役割を果たしているのが『腸内細菌』と言われています。乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌には腸内を酸性に保って、病原菌の増殖を防いだり、腸管の免疫細胞を刺激して活性化する働きがあります。腸内の善玉菌が元気に働いていれば、からだ全体の免疫力が高まり、感染症にもかかりにくくなる、と言われています。
腸内環境を整えるのに役立つものの1つが発酵食品です。味噌・ぬか漬け・納豆・塩麴・甘酒などです。
オリゴ糖や食物繊維も善玉菌のエサとなって活性化してくれるものです。

他にも
手洗い・うがい
②室内喚起
③室内加湿
④室内を温める
⑤水分補給
栄養・睡眠をしっかりとる
などは感染症対策に効果的とされます。
でも『これだけでは不安~~~』という方は漢方でも効果的なことがございますので、ご相談ください。


青汁 ~M1優勝者漫才風~

めぐる漢方薬局で扱っている青汁の紹介を、2019年M1優勝者ミルクボーイさんの漫才風にご紹介したいと思います。私と青汁を扱う会社の担当の人との会話で進めていきます。なんとなく関西弁の感じで読んでいただけると雰囲気が出るかと思います(笑)

私:なんかね、お客様が好きな青汁があるらしいけど、その青汁の名前が思い出せないらしいです。
青汁:名前が思い出せない?ほな思い出すお手伝いしますから、その青汁の特徴を教えれもらえます?
私:お客様が言うにはね、その青汁は農薬を一切使用しないで有機栽培している大麦若葉の一番刈りのみを使用していて、緑色が濃いらしいです。
青汁:その特徴は完全にウチの青汁ですわ!この青汁は他の野菜に比べて栄養バランスが良いのよ。栄養バランスの7角形もものすごい大きいんですわ。でもそれだけではわからないからもう少しその青汁の特徴を教えてくれる?
私:なんかね、その青汁はインターネットやドラッグストア、通販どこでも売ってて買えるらしいです。
青汁:それはウチの青汁ではないですな。ウチの青汁は全国の薬局・薬店500店でしか手に入りません
ネット販売や通販はしていないハズやから、もしネット販売でウチの青汁見つけたらわたしは動くよ。まあそれだけではわからないから、もうちょっとその青汁の特徴おしえてくれる?
私:その青汁は酵素やビタミン、ミネラルが活きているからホットで飲めないらしいです。
青汁:その特徴は完全にウチの青汁ですな!ウチの青汁は独自の製法により熱を加えず生のまま粉末化しているから、熱に弱い酵素やビタミンはじめミネラル等50種類以上の有用成分が活きてるんですわ。だから50℃以上のお湯に溶かすと酵素や熱に弱い成分が壊されるからホットで飲むのは控えてもらってますう。でもそれだけではわからないから、もうちょっとその青汁の特徴おしえてくれる?
私:なんかね、その青汁は乳酸菌や抹茶、食物繊維を添加されててフルーツ味などフレーバーがたくさんあって選ぶのが楽しい、って言ってました。
青汁:それはウチの青汁ではないですな。ウチの青汁は酵素やビタミン、ミネラルが豊富に含まれている上、お抹茶のような風味で美味しいから乳酸菌添加したり、フルーツ味付けなくても十分なんですわ。『まずーい、もう一杯』の青汁みたいに身体のために苦いものを我慢して飲むわけでもないですぅ。もうちょっとその青汁の特徴おしえてくれる?
私:なんかね、その青汁は飲むのを控えた方がいい人がいるらしいです。
青汁:その特徴は完全にウチの青汁ですな。ウチの青汁は繊維質を製造段階で取り除いてるから栄養素の吸収率が格段に良いんですわ。だから抗議血剤を服用していてビタミンKの摂取に注意な方や、臓疾患があってカリウムの食事制限を受けている方は注意が必要なんですぅ。もう完全にウチの青汁だとおもいますけど?
私:なんかね、そのお客さんが言うにはここの青汁らしいです。
青汁:なんや、ここの青汁ですか!それは 良かった!続けてお飲みください~(笑)

眼の疲れを甘く見ないで ~脳も疲れています~

携帯電話、特にスマホがかなりの人に浸透してから色々なところで紹介されたり注意喚起されている『スマホ老眼』。一度はどこかで聞いたことがある言葉かと思います。
スマホ画面と眼が近い距離で長時間見ていることによって、若い人も近い距離の物を見るときにぼやけて見づらくなってしまう『老眼』のようなものの見え方になってしまう状態です。
眼の疲れが抜けず、眼精疲労が慢性化していると感じていらっしゃる方は少なくありませんが、少しスマホ使うのは控えよう、とか『眼の疲れには遠くの緑を見ることだったな』と遠くの山々を見たり(笑)する方は少ないでしょう。
この時期は受験生の方も眼を酷使されていると思います。睡眠時間もあまり取れず、さまざまな疲れが慢性化している頃だと思います。
目からの情報を処理しているのは『脳』です。スマホ画面などを見ている時、画面に表示されている情報を脳が把握し、気持ちや持ち合わせの情報から分析して取捨選択しています。画面を見ている時、酷使されているのは目だけではなくむしろ脳の方が疲労度が高いとも言えます。
目と脳、どちらも疲れてくると『気血の質』が悪くなります。疲れは『血の消耗』です。その血を動かすのは『気の消耗』です。気血の滞りから『血熱』を生み出します。血熱は余分な熱なので目の充血や結膜炎などにも繋がります。血熱があると、思考や気持ちを晴れやかに保つことが難しく、イライラ感・閉塞感・不安感等に苛まれてしまいます。
気持ちを左右しているのは血を運ぶ『気分』です。眼の疲れから気持ち・気分まで左右されてしまうので、スマホ老眼と甘くみてしまうのは良くないと思います。
漢方では、眼の疲れを改善するお手伝いをできる薬や『気血の気分転換』をお手伝いできる薬などがありますスマホやパソコン等で眼を酷使されている方・受験等で目や脳を酷使されている方で困った症状のある方はご相談ください。

松山千春さんにも漢方を ~オススメしたい~

めぐる漢方薬局のホームページ中の私のプロフィールにも書いてありますが、わたしは歌手の松山千春さんの筋金入りのファンですファン歴は今年で42年になるでしょうか。
2019年12月18日にもコンサートに行ってきました! 実は2018年は『体調不良』のために名古屋でのコンサートが当日中止になるという悲しい出来事がありました。私はそのコンサートの日が仕事だったために最初から応募していませんでした(ファンクラブから応募してチケットが当選したら買えるのです)。ですからチケットの払い戻しなどは無く、千春さんの病気をひたすら心配するのみでした。
12月18日のコンサートで千春さんがお話してくれたのでわかったのですが2018年の体調不良とは『喉のひどい腫れ』だったそうです。お医者さんには『今日コンサートなんです』とお話したら『は?無理です、何言ってるんですか?』という感じだったそうです(千春さんは面白おかしくお話していましたが)。
千春さんは以前から糖尿病や心臓病を患っておられます。歯もかなりの数がインプラントだそうです。
千春さんはお酒は全く飲まないそうですが、タバコはヘビィスモーカーのようです。
1年のうち半年間くらいはコンサートツアーなどで全国を回られているので、生活もかなり不規則かと勝手に推測します。
心臓病は欧米化した食生活・ストレス・喫煙などが原因で引き起こされたり悪化したりします。症状は多彩で、無症状だったり、動悸・息切れ・胸痛・全身倦怠感・めまい・むくみなどが挙げられます。
糖尿病は『太った人がなりやすい』と思われがちですが、大きく2つのタイプに分かれます。
小児や若年者に多いインスリン依存症の強い1型と、生活習慣と遺伝的要因によって発病してくる2型です。1型は急激に、2型は徐々に、どちらも血液中のブドウ糖(血糖)の濃度が異常に高くなってきます。
勝手に診断させてもらうと千春さんは2型糖尿病かと思われます。
2型は太った中高年に多く(千春さんは太ってはいませんが)ゆるやかに発病し、進行もゆっくりです。
食事や運動療法で治療し、場合によっては飲み薬とインスリン注射をします。一生つき合わなくてはいけない病気です。血糖コントロールが大切で、コントロールには栄養バランスのよい食事・運動・休息・ストレス解消が大切とされます。
やはりほとんどの病気で気を付けるべきは『血流』『食事』『運動』『ストレス』ですね。喫煙が良くないのは言わずもがな、です。
漢方ではこうした要因による血行不良を『瘀血(おけつ)』の状態といいます。
血流を良くして、毛細血管に流れを呼び戻す漢方薬を飲んで、必要に応じて補血・補陰・補気補陽のための漢方薬も飲んでいただけたら、と考えます。
千春さんにはいつまでも元気で、美声を保っていただきたいので、ぜひ中医学・漢方を取り入れていただけたら、と1ファンとして、漢方薬剤師として切に願います。

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。