HOME > めぐるコラム

めぐるコラム

瘦せたい人も太りたい人も ~食後の胃腸(脾胃)のお手入れから~

まだまだ残暑が厳しく、残暑というより盛夏と言いたくなるような気温と湿度が続きます。
めぐる漢方薬局でも『夏バテ』症状(食欲不振・胃もたれ・消化不良・嘔吐・下痢など)を訴えて来られる方が多くいらっしゃいます。
こういう時期はどうしても外食やコンビニ食の機会が増えたり、さっぱり冷たい食べ物や飲み物(そうめんや生野菜サラダなど)を多くいただくことが増えてしまいます。
それと相まって胃腸(脾胃)が負担を感じてしまい、食べ過ぎたり、全く食べられなくなってしまいます。
そうすると、太ったり瘦せたりします。太ったら瘦せたい人は多いし知られていますが、実は痩せすぎてしまって太りたい!というお悩みの方も少なくありません。
中医学で脾胃(胃腸を含む消化器系全般)は『後天の本』といわれています。『後天の本』とは脾胃が飲食物を消化吸収して、その栄養物質を全身へ運び、人間のすべてのエネルギー源となり体の健康維持に最も重要な役割を果たしていることを意味します。脾胃の働きが不足すると心身ともに疲れやすくなります。
脾胃の負担を軽くさせれば、疲れにくい丈夫な体になります。脾胃が強くなれば内蔵が強くなり、内蔵が強くなれば体全体が強くなります。
めぐる漢方薬局で扱っている『晶三仙』という漢方健康食品があります。『晶三仙』は山査子・麦芽・神麹が主成分で、いずれも消化液の分泌を促進する働きがあります。山査子は肉類や脂っこいものの消化を助けます。麦芽はうどん・パンなど小麦粉でできたものの消化を助けます。神麹はご飯など米でできたものの消化を助けます。
では『晶三仙』の何が良いかといいますと、食べ過ぎたり飲みすぎたり、夕食が遅い時間になってしまいがちな方が寝る前に服用すると、肉や脂肪、糖質などの消化分解を三仙のパワーで助けることにより脾胃の負担を軽くします。そうすることで睡眠の質も良くなり、消化吸収をしっかりすることで太ったり瘦せたりしてしまうことを防げるのです。
『晶三仙』で胃腸の働きを良い状態にして、ウエイトコントロールに役立ててみませんか?

青汁に何を求めて飲みますか? ~体臭予防にも~

青汁はブームは何度も通り越して、今や健康食品のファーストチョイスとして選ばれるくらい気軽で種類も豊富になりました。
高価なものから低価格なもの。乳酸菌や食物繊維入りだったり、フルーツ味だったりと多種多様です。
そんな中で青汁には何を期待して飲み始めるのでしょうか?
様々な栄養素が取れそう…、便秘解消できそう…、CMを見てなんだか体に良さそうだった…など割と漠然と飲み始める方も多いと思います。
めぐる漢方薬局で扱っている青汁は、農薬不使用・有機JAS認定・無添加(甘味料・酸味料・香料・保存料・着色料不使用)で、新鮮な大分県産大麦若葉を生のままギュッと絞って熱を加えず粉末化したものです。
熱に弱い酵素やビタミンをはじめ、ミネラル等50種類以上の有用成分が活きています。
本物で、有用成分がしっかり活きているために困ったこともあります。
①50℃以上のお湯に溶かすと酵素など熱に弱い成分が壊されてしまう。
②水などに溶かすことで『生の青汁』になります。作り置きすると変色したり、有用成分が無効になってしまいます。
③抗凝血剤を服用している方はビタミンKの摂取に注意が必要です。この青汁はビタミンKも含まれるので、抗凝血剤を服用している方は摂取する前に医師にご相談ください。
④この青汁はカリウムも含まれています。腎臓疾患があり、カリウムの食事制限を受けている方は注意が必要です。医師にご相談ください。
など、本物で機能性成分がしっかり含まれているからこその注意です。
また、この青汁は『体臭をおさえる』ことも期待できます。
体のニオイは『体内由来の体臭』『皮膚由来の体臭』『腸内由来の体臭』の3つに大きくわけられます。それらのニオイの元は全て口から入った食べ物です。体臭の予防は『食事に始まり食事に終わる』と言っても過言ではありません。
ニオイ成分の原料となる食材には、動物性たんぱく質と脂質があります。動物性たんぱく質は分解されるとアンモニア・インドール・硫化水素など『腸内体臭』の原料になります。脂質は加齢臭や皮脂臭の原料になります。ですから体臭予防の第一歩は『肉食をしたら同時に消臭食品をバランスよく食べる』ことです。
積極的に食べた方がよい消臭食材は『アルカリ性食品』です。体臭予防に最も理想的なのは『皮膚面は弱酸性で体内は弱アルカリ性』なのです。
皮膚には善玉の常在菌がいて弱酸性に保ち、病原菌の繫殖を防いでいます。つまり皮膚面が弱酸性であれば強いニオイを作る菌の繫殖が抑えられ、体臭も予防されます。ですが体内はこれとは逆で、酸性傾向にあると『ダイエット臭』のケトン体や『ミドル脂臭』のもとになる乳酸などの酸性のニオイ成分が生じ『体内体臭』の原因になるのです。体液を弱アルカリ性傾向に保つ『アルカリ性食品』を食べることは体臭予防のファーストチョイスと言えます。
体液を酸性傾向にする『酸性食品』には牛肉・卵・マグロなど赤身の魚があります。それらを中和してくれる『アルカリ性食品』の代表は梅干しです。次にワカメ・めかぶ・もずくなどの海藻、ほうれん草や小松菜などの緑色野菜や大豆製品があります。
めぐる漢方薬局で扱っている青汁は、まさに本物の緑色野菜です。
しっかり飲まれている方からは、足のニオイが抑えられた、などの報告もあります。
栄養成分のしっかりした青汁を選んで飲まれてはいかがでしょうか。

秋バテ 秋の咳 ~からだをうるおして~

いつまで続くのか、うんざりする暑さもほんの少しですが終わりが見えてきたことを感じます。まだまだ『過ごしやすい』とまではいきませんが、命の危険を感じるほどではなくなってきたようです。
ですが、油断は禁物です。夏の疲れはこれから秋になって過ごしやすくなってきた時に『秋バテ』として現れるのです。漢方の考え方で秋は肺が弱る季節と言われていて、気温差が激しくなってくると『咳が止まらない』『のどが痛い』『鼻水が出る』『喘息症状が出る』という人が増えています。これは秋の『燥邪(そうじゃ)』のしわざです。燥邪とは、からだにとって必要な水分を失わせ、体内のうるおい不足を招く『邪気』
です。秋風が吹くようになると、とたんに空気が乾燥してきます。熱く乾いた空気は燥邪となって、のどや鼻、気管支や肺などの呼吸器と皮膚や大腸にも悪影響を与えます。
そもそも肺は『燥』を嫌い『湿』を好む臓器のため、乾いた空気を吸い込むとダメージを受けやすくなります。そのため粘膜が乾燥して炎症を起こし、のどが痛くなったり咳が出たりと呼吸器系にトラブルが生じるのです。呼吸器が乾燥するとウイルスや細菌も繫殖しやすくなり、感染症にもかかりやすくなります。
中医学では、肺は皮膚や大腸ともつながっていると考えるため、肺が乾燥すると皮膚も腸内も乾いて肌が乾燥したり、便が固くなって便秘がちになったりします。
こうした空気の乾燥から身を守り『肺に潤い』を与える『秋の咳』対策や、『秋バテ』対策も、めぐる漢方薬局にお任せください。

からだの熱をクールダウン ~胃腸は冷やさないように~

湿度も気温も高い日が続きます。頭から湯気が出そうなくらい汗をかいている気がします。熱がからだの内側にこもらないようにせっせと汗をかいて体熱を発散させなければいけないのですが、さすがにこれだけ暑くて汗をたくさんかいていると、かき氷や冷たい飲み物が欲しくなります。
ですが、からだの内蔵温度は38℃前後です。そこに冷蔵庫で冷やされた5℃以下の食べ物や飲み物が入ってきたら、胃はビックリしてしまいます。急激に冷やされて血液の流れが悪くなり、消化吸収能力は低下します。そうして消化不良や胃もたれ、下痢などを起こしてしまいます。
食材のなかには、冷蔵庫などで冷やした食べ物とは違ってからだの熱を冷ます性質をもったものがたくさんあります。夏が旬のものはトマトや瓜類です。あと『葛』も冷やす性質があるので、夏のおやつに葛きりや葛餅・葛プリンなどがあるのはやはり昔からの経験と知恵なんでしょうね。
砂糖をたくさん使ったアイスなどはとてもからだを冷やしてしまいます(砂糖はからだを冷やす性質なので)。どうしても冷たいものが食べたい時は、葛を使ったおやつを冷蔵庫で冷やさずに食べたり、からだを温める発酵食品の甘酒を冷やして飲んだりシャーベットなどにして食べたら、からだに穏やかに作用します。
それでも間に合わず、冷たい食べ物や飲み物を摂ってしまい、消化不良や胃もたれ、下痢をおこしてしまった時は漢方薬の出番です。めぐる漢方薬局にご相談ください。

夏バテ・暑気あたりにも漢方 ~秋に元気でいるために~

夏が突然やってきました。長い梅雨が明けたと思ったらいきなり酷暑続きで身体が何らか調子がおかしいと感じている方が多いと思います。私は汗が『出る』というより身体から『漏れる』ような感覚を感じています。私たちの身体は、暑くなると汗を出して体内の余分な熱を逃がし、体温を調節するようになっています。しかし、汗は血液中の水分とミネラル分も一緒に排出してしまうため、血液の濃度は高くなり、ドロドロと流れにくい状態になります。汗をかけばかくほど体温は下がって涼しく感じられますが、一方で心臓は、流れにくい血液を全身に運ぶためにフル回転でがんばります。そのため心(しん)がオーバーヒートしてしまうため、夏は不整脈や動悸・息切れ・不眠・動脈硬化などを起こしやすくなるのです。
夏はこうした心(しん)の高ぶりを抑えるためにも、体内の余分な熱を冷ます『苦味』や『寒冷性』の食べ物をとるようにしたいですね。きゅうりや冬瓜、すいかなどの瓜類をはじめとする『旬』の野菜や果物は、水分たっぷりでみずみずしく、体のほてりを冷まして、のどの渇きを潤すのに最適です。汗とともに失ったミネラルの補給源にもなります。
そういえば、夏に暑い日が続くと突然『すいかが食べたい!』と衝動的に買って食べたり、冬に突然『みかんが食べたい!』と、5~6個一度にむしゃむしゃ食べてしまったりする日があります。犬や猫も散歩中に突然そこらに生えている雑草を食べていることがあり、これは胃腸の調子を整えるために食べているのだそうです。体は無意識に欲しているビタミンやミネラル、水分や薬効成分を取り入れる能力があるのですね。
そんな体のセンサーが働いている時は健康ですが、酷暑続きで冷たい食べ物や飲み物などを摂りすぎて、胃腸を冷やして消化能力を低下させ『食欲不振』『疲労』『だるさや』など夏バテ症状が出てしまう方も多いかと思います。そんな時こそ『漢方』の出番です! めぐる漢方薬局にご相談ください。

この時期の頭痛 ~漢方が解決~

つい最近まで雨続きで湿気の高い気候が続いていました。このような気候が続くと『頭痛』でお困りの方が多くいらっしゃるようでドラッグストアなどでは『ロキソニン』(頭痛薬)が例年よりもよく売れているそうです。頭痛→ロキソニンとすぐに関連して思いつき飲んでしまうことは仕方ないと思いますが、漢方薬剤師としては残念に思います。
頭痛には何種類かあることは知られてきています。片頭痛・緊張型頭痛・薬剤の使用過多による頭痛・群発頭痛などです。普段健康な時は『そうね、頭痛には種類があるから気を付けないとね』と冷静に考えられますが、いざ頭痛が始まってしまうとそんなことは冷静に考えられなくなってしまうと思います。
とにかくこの痛みを早くどうにか無くしたい!頭痛が始まると吐き気・腹痛・首や肩こり・視界が狭くなるなどの症状まで出てくることが多いから、とにかく早くなんとかしないと!と『ロキソニン』を飲む方が多いのだと思います。
もちろんロキソニンは頭痛によく効きますし、間違っているとは思いませんが、毎回ロキソニンを飲んでいる方は『なんだか今回はあまり効かない』と思うことはありませんか?
そんな時はロキソニンの効く頭痛ではなかったという場合が多いのです。
雨続きで湿気の多い時の頭痛や不調に相性の良い漢方薬があります。東洋医学では梅雨時は体に余分な水分が入るために頭痛や冷え・消化不良・下痢・むくみ・痛みなど様々な症状を引き起こす、という考え方があります。漢方薬で身体の過剰な『湿』を取り除くことで不快な症状が和らぎ、毎日を快適に過ごすことができます。
他にも頭痛のタイプに合わせた漢方薬を服用することで、身体の調子が良くなることがあります。
めぐる漢方薬局にご相談ください。

犬の皮膚病 ~よく効きました~

我が家には6月で17歳になるミニチュアダックスフンド(♀)がいます。
17歳の犬というと皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?
だいたいの方は『あー、もうそろそろ…(死が近い)』『頑張って(生きて)』など、寿命はあとわずかでしょう?という感覚です。実際は17歳のミニチュアダックスフンドは人間年齢に換算するとおよそ85歳くらいだそうです。人間だったら現代人は健康で長生きになっているので85歳といってもいろんな方がいらっしゃいます。もう亡くなっている方・病気などで亡くなりそうな方・病気がちではあるけど普通に暮らしている方・元気ではつらつと暮らしている方などさまざまです。
犬も最近は室内飼いが増えたり、フードがとても進化したり、動物病院に連れていく習慣化などから長生きで元気でいる子が増えたようです。
我が家のダックスはあまり病気などかからず元気にきましたが、17歳の声を聞いたころから急に衰えが見えてきました。白髪が増え、座ったり寝ている状態から立つ時にとてもゆっくりになり、歩くことなど全ての行動がゆっくりになりました。目・耳・鼻も機能はしているのですが、衰えてきています。
6月半ば頃におしりの皮膚が黒っぽくなり、じゅくじゅくした液が出て、フケのようなかさぶたがたくさん出て、毛が抜けてしまいました(直径5㎝くらい)。痒がったり痛がったりしないので、なかなか気づけず動物病院に連れて行った時には症状がかなり進行していました。動物病院の先生も何の病気か特定できません。
カビや真菌などが原因ではないようだと言われました。とりあえずと、飲み薬を3日分出されました。
それを飲ませながら、めぐる漢方薬局で扱っている『マスマリン リキッド』という皮膚に良い化粧油を患部に塗りました。1日2回です。すると、みるみる皮膚の黒さが取れてピンク色に変わりました(きちんと毎日蒸しタオルで拭いているので汚れが取れた訳ではありません)。
じゅくじゅくも納まりました。かさぶたも出ません。今はまばらながら毛も生えてきています。
『マスマリン リキッド』はスクワレン(アイ鮫の肝油)とマスティック樹脂(ギリシャに自生しているマスティハの木から採取される樹脂)が主成分の化粧品です。化粧油ですが、菌が原因の皮膚トラブルやにきび肌などに効果を発揮し、たくさんの方にお喜びいただいている人間用の商品です。
今回は我が家の愛老犬の皮膚トラブルにもとてもよい結果が出たのでお知らせします。


土用丑の日 ~うなぎも良いのですが~

7月27日は土用丑の日で、うなぎを食べて暑い夏を乗り切りましょう!とうなぎを食べる日、という認識になっています。それはそれで間違ってはいないのですが、実は『土用』とは『季節の変わり目』を指すので1年に4回、土用の期間はあります。夏の土用は7月20日から8月7日です。
すべての季節の土用では『胃腸に無理をさせず、あっさりした温かい飲食物を摂る』ように過ごすと病にならないとされています。ですから『土用丑の日』はうなぎを食べることは良いのですが、基本的には消化の良い食物を摂るようにしましょう。
養生訓的には『夏』は5月6日~7月19日です。『夜は遅く眠り、朝は早く起き、身体を動かし発散も良しとする。気持を高ぶらせず過ごすようにする。』と病にならないとされています。
守らないと、秋に身震い発熱が起きやすくなるとされます。
『秋』は8月8日~10月20日です。『ニワトリの様に、早く寝て早く起きる。心安らかに、心身のエネルギーを守る様に努める。』と病にならないとされます。
守らないと、冬に慢性下痢が起きやすくなるとされます。このように、季節ごとの過ごし方ひとつでかかりやすい病気があったり、次の季節にかかりやすい病気があったりというのは面白く、興味深いですね。
気温も湿度も高い日本の夏。からだの中にも余分な水分がたまりやすくなります。とくに影響を受けやすいのが『脾・胃』です。『胃は湿を嫌う』と言われ、余分な水分が滞ると働きは低下しやすいです。
生活養生をしても、夏バテや胃腸の不調など夏の困った症状にも漢方薬は相性が良く、有効です。
ご相談ください。

漢方薬局と手足口病 ~夏の感染症にも~

今年は手足口病に罹った方がまた急増しているそうです。
手足口病は、口のなかや手足に小さな水疱ができる感染症のひとつで夏季を中心に流行します。
6歳以下の子どもに多くみられ、なかでも2歳以下で発症する子どもが多いとされます。
感染して口のなかに水疱ができると痛みを伴うため、飲食物を摂るのを嫌がる場合があると体力の低下や
脱水症状を引き起こしてしまうことがあります。
感染している人の咳やくしゃみから唾液や鼻水に混ざって排出されたウイルスで感染したり、便や水疱からも感染することがあるので、日頃から手洗い・うがいを習慣づけると良いでしょう。
大人が発症すると子どもよりも重症化しやすいため、予防が大切になります。
手足口病以外の夏の感染症はヘルパンギーナプール熱(アデノウィルス)・リンゴ病水いぼなどがあります。これらにかかりにくくするには体の免疫力を高めることが大切です。
休養はしっかり取り、栄養バランスの良い食事を摂ることです。たんぱく質・ビタミンA・C・Eや、腸を元気にする乳酸菌や食物繊維を意識して摂ると良いでしょう。
めぐる漢方薬局では、ウイルスに負けない身体づくりができる漢方薬腸を元気にする乳酸菌や食物繊維抗ウイルス作用があるとされる生薬茶や飴を取り揃えており、お客様にお喜びいただいてます。

漢方薬局を上手に利用しましょう

病院で漢方薬を処方してもらうと保険がきくので、お金の負担をあまり感じずしっかりともらって飲むことができます。
ほとんどの漢方薬局は保険がきかないので、実費で漢方薬をお買い上げいただいております。
だったら病院で漢方薬を処方してもらえばいいじゃないか、と思われるかもしれません。ですが病院で使える漢方薬の数は、薬局の漢方薬の約半分なのです。病院は約130種程度で、漢方薬局は約250種以上です。
めぐる漢方薬局では『漢方』をしっかり学んだ薬剤師が『漢方薬』の説明だけでなく、食事や生活習慣の改善のアドバイスをしたり、病院で処方されて飲まれている薬との飲み合わせなどのアドバイスもしています。
『それでも保険のきかない漢方薬局は負担が大きくて大変だわ~』という方に知ってほしいのが『医療費控除』です。医療費控除とは、一定額以上の医療費を支払った人の税負担を軽くする制度です。病院の診療代や病院までの交通費、薬局などで購入する医薬品など『治療』のための支出は広く医療費控除の対象とされています。栄養ドリンクやサプリメント・漢方薬も『健康の増進保持』『予防』が目的では控除は認められません。風邪の対策としてビタミン剤を服用するなどのことです。
ですが、風邪の治療のために医薬品である漢方薬を服用することは医療費控除に含まれます
医療費控除の対象か判断に迷う場合は『医療品で、かつ、治療目的の支出か』で考えます。
ですからめぐる漢方薬局で例えば『耳鳴りを治したい』方が『漢方薬』を買われた場合は医療費控除の対象となる場合が多いです。医療費控除を受けるためには確定申告が必要です。ご希望の方には医療費控除の明細書を発行いたしますので、ご相談ください。
漢方薬局は保険がきかないから利用しづらい、とご利用を迷われている方には少しだけ有益な情報だと思います。

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。