HOME > めぐるコラム > 妊娠力アップ ~特別なことではありません~

めぐるコラム

< 紫雲膏 ~漢方薬について考える~  |  一覧へ戻る  |  花粉症対策 ~花粉に負けない強いからだへ~ >

妊娠力アップ ~特別なことではありません~

『妊娠したいからそのための準備』を意識して活動を始める『妊活』。
意識された年齢や、初めての妊娠なのか、2人目・3人目なのか、など女性の今の状態によって妊活もどこから始められるか変わってくると思います。
妊娠力をアップすることは色々な方法がありますが、めぐる漢方薬局では『妊娠しやすい身体づくり』をご提案しています。
基礎体温を参考にしながら、月経期・卵胞期~排卵期・黄体期などそれぞれの周期によって異なるホルモン分泌やからだの状態を中医学的に分析し、漢方薬で整えていきます。
月経期は不要となった子宮内膜(血・粘膜等)を排泄する時期。しっかり出し切ることが大切なので、気血の巡りを良くする漢方薬で対応します。
卵胞期~排卵期は月経後に不足している『血』や潤いを補い、新しい内膜を作る時期。よい卵子を育てるためには最も大切な時期なので、十分な栄養と休憩をとり、気持ちにゆとりを持つことが大切です。また、排卵を促すためには気血の巡りがよいことが必要なので、血を補い、腎を補うものや、血の巡りを良くする漢方薬で対応します。
黄体期は子宮内膜が温かく柔らかい状態を保てるように気血を補うことと、子宮を温めることが大切なので血を補うもの・腎の陽気を補う漢方薬で対応します。
男性に問題があることも少なくないので、その時はできるだけご夫婦で取り組んでいただいてます。
不妊の原因は遺伝的なものであることは少なく、生活習慣や食生活の乱れが大きく影響しています。
肥満や冷え・疲労・ストレスなどによりホルモンのバランスは乱れます。するとからだの機能は低下し、月経周期が乱れ、不妊につながるのです。
排卵誘発剤など西洋薬を使っての治療をされる方も、不規則な生活をしていては、いくら薬を服用しても効果は期待できません。
大切なのは生殖を司る『腎』の機能を高め、良質な血を養い、気血の巡りを良くすることです。
生活習慣の改善や、ご体質に応じた漢方薬の服用で妊娠しやすいからだを自然につくることが不妊治療妊娠力アップの近道です。


< 紫雲膏 ~漢方薬について考える~  |  一覧へ戻る  |  花粉症対策 ~花粉に負けない強いからだへ~ >