HOME > めぐるコラム > マスクで体調崩しそう... ~夏のマスク常用は辛そう~

めぐるコラム

< いらいら・怒りっぽい小児 ~疳の虫(かんのむし)~  |  一覧へ戻る  |  今こそ免疫力を高める生活を ~夏なのにマスクを常用~ >

マスクで体調崩しそう... ~夏のマスク常用は辛そう~

新型コロナウイルスの影響から、皆さんマスクを常用するようになりました。こんなに長期間マスクを着け続ける生活は初めての方が多いと思います。今までは気温が高くなかったので気にならなかったのですが、最近は夏日の日もあり、気温が高く湿度も高い日があります。そんな日はマスクを着け続けるのがとても辛く感じます。暑くて蒸れるだけでも不快なのに、ちょっと動き続けると息が苦しくなります。
今くらいでも大変なので、さらに気温や湿度が高くなってくると熱中症などにかかりやすくなるのではと容易に想像できます。マスクを着けていることで水分補給も忘れがちになりそうです。
涼しい素材のマスクもそのうち出てくるとは思いますが、色々と経験したことのない夏になりそうなので、気を付けないといけないことが増えそうです。まだ『夏』というには少し早いですが、最近の気候はある日突然『真夏日』がやってきたりして身体が気候に追いつかず、体調を崩す方がとても多いので注意が必要です。コロナに注意するだけでも大変な日々なのに夏バテで体調を崩したりは避けたいですね。

気温も湿度も高い夏はからだの中にも余分な水分が溜まりやすくなります。とくに影響を受けやすいのが『脾・胃(消化器官)』です。『胃は湿を嫌う』と言われ、余分な水分が滞ると働きが低下しやすいです。
湿度の高い気候風土で暮らす日本人は、脾・胃の働き弱い人が多いといわれます。
夏は冷たい飲み物や生ものを摂りすぎてしまいがちです。熱中症は怖いですが、水分の摂り方は注意しなくてはいけません。
湿度と水分でダブルパンチを受けた脾・胃は働きが悪くなり、食欲不振・胃もたれ・消化不良・嘔吐・下痢などの症状を招きます。これが夏バテの一因です。
旬の夏野菜は、からだを冷やす性質の食材がほとんどです。きゅうりや冬瓜、すいか・トマト・茄子・ゴーヤなどはどれも水分をたっぷり含むので、喉の渇きをいやして、からだのほてりを冷ましてくれます。
汗とともに失った水分やミネラルの補給に最適です。冷たいジュースや水の代わりにこうした旬の夏野菜や果物で渇きをいやし、からだにこもった熱を冷ますことをおススメします。
気を付けていても夏バテや胃腸が弱ってしまうことはあります。そんな時は漢方が優れた効果を発揮します。めぐる漢方薬局にご相談ください。

< いらいら・怒りっぽい小児 ~疳の虫(かんのむし)~  |  一覧へ戻る  |  今こそ免疫力を高める生活を ~夏なのにマスクを常用~ >