HOME > めぐるコラム > 長かった?10連休~五月病など心身の不調にも漢方~

めぐるコラム

< ストレスが招くトラブル ~漢方の出番~  |  一覧へ戻る  |  南蛮の毛(なんばんのけ)をご存知ですか? ~犬のご長寿にも~ >

長かった?10連休~五月病など心身の不調にも漢方~

10連休はいかがお過ごしだったでしょうか?
フルに活かして海外旅行や帰省、アウトドアや長期休暇でないと出来ないことなどされた方。
ちょこちょこ近場に何か所か遊びに行ったりされた方。
サービス業などでいつもより忙しいお仕事の毎日だった方。
色々な過ごし方をされていると思いますが、意外に10連休は『大変だった~』『ストレス溜まりまくり!』
という方も多くいらっしゃるようです。長いお休みでも主婦は休めなかった、むしろ忙しかった。そんなに予定も無いと10連休は長すぎる。などが理由の多くのようです。
五月病は初春から続いた緊張が連休により途切れて現れることが多く、だるさや食欲不振・不眠などに加えて憂鬱や不安感・イライラなどの精神症状を伴います。
こうしたストレスの影響をもっとも受けやすいのが『肝』です。ストレスによって働きがみだれると、肝がつかさどる自律神経のバランスが崩れ、情緒が不安定になりやすいのです。
五月病は大人だけではなく、お子さんにもよく起きる症状です。子どもの衝動的・感情的な表現(怒りっぽかったり、爪を嚙んだり、キーキー声を出したり)は肝のみだれが一因かもしれません。
肝のストレスや不安定な気持ちをしずめるのにも漢方薬は役立ちます。ご相談ください。

< ストレスが招くトラブル ~漢方の出番~  |  一覧へ戻る  |  南蛮の毛(なんばんのけ)をご存知ですか? ~犬のご長寿にも~ >