• めぐる漢方薬局
  • めぐるの考え方
  • 漢方について
  • ご相談の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 商品紹介
めぐる漢方薬局外観写真

めぐる漢方薬局
住所:名古屋市守山区小幡太田16-7
TEL:052-792-7225
営業時間:10:00~19:00
     土曜日は18:00迄
定休日:水・日・祝

店舗紹介 お問い合わせ

HOME > めぐるコラム > アーカイブ > 2021年3月

めぐるコラム 2021年3月

血を増やして美しく ~鉄分不足だけではありません~

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が一都三県も解除されました。『5本の柱』を守ろう、など条件が色々付いているので、解除される前とそれほど状況は変わっていない感じがしますが実際感染者数が劇的に減っているわけでもなく、変異株のウイルスの感染者もどんどん増えていますし、ワクチン接種も進んでいないので宣言解除と言っても形だけの印象です。まだまだ気の抜けない状況ですね。

暖かい日が続いて桜の開花も最速タイで開花しましたが、やはりこのまま暖かくなっていくことはなく『春の嵐』が来たり、また少し冷える日があったりしています。冷えると気血のめぐりが悪くなります
春になると頭がクラクラするめまいが起きるのは血熱の仕業です。肝熱に進化した血熱が居場所を求めて暴走している状態です。冷えから身体を守るのは腎陽気ですが、熱を止めるブレーキは腎陰気です。冬の寒さで腎が疲弊して春を迎えると、めまい・耳鳴り・頭痛・肩こりなど『熱の症状』に悩まされてしまいます
身体の冷えは体調不良・不定愁訴・老化・持病の悪化など何となく身体の元気から一歩後退させてしまいます。春は暖かくなったり冷える日が続いたりと忙しいので、風邪などひいてそこから体調を崩さないように
気を付けたいところです。

冷え症の女性にとっては冬から春になると少し症状はやわらいでいきます。女性の冷え症は『貧血(血虚)』からくるものが多いです。生理のトラブルや美容のお悩みなど女性の不調症状の多くも『貧血(血虚)』が関係しています。
【美容のお悩み】
⦿顔色がくすむ
⦿目の下にクマ
⦿爪が薄くなる・割れやすい・厚く変形する
⦿乾燥・小じわ・ハリがない
⦿抜け毛が気になる


などです。『皮膚は内臓の鏡』といわれ、体内血液量が十分にあると内臓が元気になり、皮膚や毛髪まで栄養分を運ぶことができます。内面から健康で美しくなるためには『貧血(血虚)』を改善することが大切です。
めぐる漢方薬局では『貧血(血虚)』を改善する漢方薬・健康食品・養生法などをしっかりご提案させていただいております。気になる症状のある方はご相談ください。

春はデトックスの季節 ~老廃物や毒素を排出してダイエットも~

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されるのか、延長するのかしないのかわからない状態が続きますが、何となく春の陽気のゆるんだ空気感からなのか、全体的に外出している人が増えている気がします。

春はデトックスの季節とされます。冬の間に眠っていた身体が気の流れも新陳代謝も活発になって、溜め込んだ脂肪や老廃物・毒素をせっせと排泄しようとします。ですから春はダイエットやからだのリセットするのにも最適です。
春になるとアレルギー症状が悪化したり、花粉症で鼻水やくしゃみが激しく出たりするのも、冬の間にたまっていた余分な水分や毒素を排泄するための反応のひとつと考えます。
このとき排毒のために一生懸命働くのが『肝』です。『肝』はからだの解毒器官であるため、春は働き過ぎてオーバーヒートしやすくなります。
『急に熱が出た』『夜によく眠れず、昼間ぼーっとしてしまう』『皮膚トラブルが起きたり、鼻水・鼻づまりがひどくなった』など、この時期のこれらの症状は肝の働き過ぎが一因です。
また肝は『気』をスムーズにめぐらす働きも持っているため、肝の働きが悪くなると『気』が滞ってうつうつとしたり、イライラしたり、落ち着きがなくなったりもします。春は特に『気』をめぐらすことも大切です。

春は寒暖差も激しく、職場や学校・家庭など身近な環境の変化などもあり、体調を崩す方が多いのが春です。風邪のような症状が出ると『コロナかもしれない!』とヒヤリとしてしまいますね。
せっかくの『排泄・排毒』の季節を有効に、ダイエットなどに上手く活用できれば良い結果につながると思います。
めぐる漢方薬局では漢方薬など用いての排泄・排毒から始めるダイエットも行っています(どなたにでもこの方法でお勧めできる訳ではありませんが)。
体重が減った』『身体が楽になった』『体調が良くなった』などのお喜びの声をたくさんいただいております。ご興味がございましたら、めぐる漢方薬局にご相談ください。




更年期の女性 ~不快症状と美容~

3月に入って陽気の良い日が少しづつ増えてきました。せっかくお出かけ日和なのに花粉症や新型コロナウイルスの影響で、思うようにお出かけもできない日々が続いています。
愛知県も緊急事態宣言は解除されましたが、1日の寒暖差の大きい日も多く体調を崩す方も多いので、まだまだ気を抜かずに毎日を過ごさないといけません。
たいへんストレスフルな日々が続きますが、体調を崩さないように気をつけましょう。

月経・妊娠・出産など女性の生理現象に伴って起こる症状を『血の道症』と呼び、更年期障害もその1つとされます。更年期障害とは、女性の閉経前後に起こる不定愁訴のことです。
特別な疾患がないのに、ほてり・イライラ・滝のような汗・頭痛・動悸・不眠・疲労感などの症状が現れるのが特徴です。
これらの症状は更年期障害の代表的な症状でとても困りますが、髪や肌のお悩みも実は多いのです。
更年期の女性の髪のお悩み
⦿髪の分け目や地肌の露出が目立つ
⦿抜け毛が気になる
⦿髪の毛が細く瘦せて抜けやすくなった
⦿ハリやコシがなくなりぺたんこに見える
【更年期の女性の肌のお悩み】
⦿肌のハリがなくなってきた
⦿乾燥して肌荒れ・ガサつきが気になる
⦿シミ・くすみが気になる
⦿ほうれい線が目立つようになってきた

などです。身体の不調よりも髪やお肌の不調の方が辛い・一大事!という女性も多くいらっしゃいます。
女性の身体は35歳を過ぎると女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、コラーゲン生成などのハリ・弾力機能が弱くなった結果、上記のようなことを始め、様々な症状を」引き起こすのです。
若さを保つ生理活性の強いホルモン『エストロゲン』は性別を問わず減少します。エストロゲンは『神のホルモン』と呼ばれています。減少した『エストロゲン』を補う物質が植物性エストロゲン『エクオール』とされます。
エクオールの働き
⦿肌の潤いや弾力性を保つ
⦿髪をツヤツヤにする
⦿血管を強くする
⦿骨を強くする
⦿代謝を促し、肥満を予防する
⦿記憶力を高める

などとされます。漢方では更年期の女性の不調や美容のお悩みにお応えできることは数多くあります
エクオールを摂取したいとお考えの方にも、たいへん良質な商品の取り扱いもございます
めぐる漢方薬局にご相談ください。

1

« 2021年2月 | メインページ | アーカイブ | 2021年4月 »