HOME > めぐるコラム > アーカイブ > 2019年5月

めぐるコラム 2019年5月

南蛮の毛(なんばんのけ)をご存知ですか? ~犬のご長寿にも~

『南蛮の毛』という生薬をご存知ですか? じつはトウモロコシのひげを洗って乾燥(天日干し)させたものです。トウモロコシの実には多くの効能(疲労回復・便秘の予防・改善・コレステロールの上昇抑制・高血圧の予防・改善など)がありますが、トウモロコシのひげにも効能があるのです。
中国では昔から漢方薬として。欧米では『コーンシルク』と呼ばれ、民間薬として用いられていました。
漢方では『南蛮の毛』は体にたまった毒を出す生薬として使われ、成分のカリウム塩が腎臓の働きを活発にして利尿を促し肝臓の解毒作用を高め汚れた血液を浄化する作用があると考えられてきました。
トウモロコシのひげの有効成分と効能
◎カリウム
・高血圧を予防する効果
利尿作用があり、むくみの予防・改善効果
・筋肉を正常に保つ効果
◎アラントイン
・消炎鎮静効果
・組織修復作用
・抗刺激剤さよう
◎フラボノイド
・抗酸化作用
◎フラボン
・AGE(最終糖化産物)の一種であるカルボキシメチルリジンの生成抑制作用が確認されています。
◎フィトステロール
・保湿作用

南蛮の毛はスープの出汁にしたり『ひげ茶』として気軽にふだんの生活に取り入れられます。
我が家には17歳のシニア犬がいますが『ひげ茶』を水の代わりに飲ませています。調子が良いのでご長寿に役立っているのかもしれません(笑)。
くせのない、飲みやすい味です。これから暑くなるので、1度『ひげ茶』をおためしになってみませんか?

長かった?10連休~五月病など心身の不調にも漢方~

10連休はいかがお過ごしだったでしょうか?
フルに活かして海外旅行や帰省、アウトドアや長期休暇でないと出来ないことなどされた方。
ちょこちょこ近場に何か所か遊びに行ったりされた方。
サービス業などでいつもより忙しいお仕事の毎日だった方。
色々な過ごし方をされていると思いますが、意外に10連休は『大変だった~』『ストレス溜まりまくり!』
という方も多くいらっしゃるようです。長いお休みでも主婦は休めなかった、むしろ忙しかった。そんなに予定も無いと10連休は長すぎる。などが理由の多くのようです。
五月病は初春から続いた緊張が連休により途切れて現れることが多く、だるさや食欲不振・不眠などに加えて憂鬱や不安感・イライラなどの精神症状を伴います。
こうしたストレスの影響をもっとも受けやすいのが『肝』です。ストレスによって働きがみだれると、肝がつかさどる自律神経のバランスが崩れ、情緒が不安定になりやすいのです。
五月病は大人だけではなく、お子さんにもよく起きる症状です。子どもの衝動的・感情的な表現(怒りっぽかったり、爪を嚙んだり、キーキー声を出したり)は肝のみだれが一因かもしれません。
肝のストレスや不安定な気持ちをしずめるのにも漢方薬は役立ちます。ご相談ください。

1

« 2019年4月 | メインページ | アーカイブ