HOME > めぐるコラム > アーカイブ > 2018年9月

めぐるコラム 2018年9月

ご存知ですか?ゴースト血管 ~毛細血管を見れます~

最近テレビなどでも話題の『ゴースト血管』をご存知ですか?
ゴースト血管とは、血液が流れなくなり途中で消えてしまった血管のことです。
ゴースト血管が引き起こす病気は
①ゴースト化した毛細血管の周囲にある細胞に酸素や栄養が不足。また、不要物や毒素を除去することができない。
②結果、細胞が死んでしまい、健康や美容に問題を引き起こす。
③さらに認知症・骨粗鬆症のリスクも高まる。
というように血液や血管に問題があると、連鎖で不調や病気が引き起こります。
特に美容を気にされる女性はゴースト血管により皮膚に栄養が行かないと『しわ・シミ(細かいちりめんジワ)』の原因にもなるのです。
ゴースト血管の発生は生活習慣の悪化が大きな要因です。
①『糖質の過剰摂取』は最大のリスクとされています。
高血圧・運動不足・睡眠不足
③タバコの煙
④ストレス

漢方ではこうした要因による血行不良を『瘀血』の状態といいます。
血流を良くし、毛細血管に流れを呼び戻すには
①生活習慣の改善
②ふくらはぎを動かす運動(スキップなど)
漢方薬(お客様の体質に応じてご提案いたします)
などが効果的です。めぐる漢方薬局では、オートフォーカスマイクロスコープでお客様の血流を観させていただき、毛細血管の様子を画像で見ていただいきながら、その日の血管の状態をご説明するサービスをしています。画像は保存しますので、過去の血管の様子と比べていただいてます。毛細血管の状態を見たい・毛細血管の状態が気になる、という方は、めぐる漢方薬局にお越しください。

我が家の犬は元気で長寿 ~漢方的養生生活してます~

私事で恐縮ですが、私の家で飼っている犬の話です。
私の愛犬はロングヘアのミニチュアダックスフンドの女の子(雌)で、年齢は17歳3ヵ月です。人間の年齢に換算すると(諸説ありますが)90歳から100歳くらいです。
少し足腰が弱ったり、反応が鈍くなったりしていますが、とても元気です。
目・鼻・耳も衰えはあるものの、ちゃんと機能しています。毛の色はブラックタンといってドーベルマンと同じ色と模様です。多少白髪があるものの、黒々とツヤツヤしています。
食欲旺盛で、1日2回のご飯と1日1回のおやつの前はそわそわして小躍りしています。
よく言われる認知症のような症状はまったくありません。
病気は14歳の時に子宮蓄膿症で手術しましたが、普段はほとんど病気をしません。たまに下痢気味な日がありますが、すぐ治ってしまいます。
こんな健康な長老犬です。たまたま健康な長寿の個体だったかもしれませんが、我が家なりのこだわりの『中医学的養生生活』で過ごしてきたので、ご紹介します。
①食事は基本手作りで温かいもの
 犬の食事の手作りには賛否両論ありますが、我が家では90%手作りです。基本は鶏むね肉を一口大に切
 ったものと、人参・ブロッコリーの芯・きのこの根元・キャベツの芯などフードプロセッサーで粉砕したものを適量の水から煮たもの。あとは鶏肝肉と鶏の砂肝を煮てフードプロセッサーで粉砕したものを半分づつ適量入れます。そこに納豆・かぼちゃの煮たもの・ふかしたさつま芋・豆腐など(味付けなし)をトッピングしたものを与えています。おやつは牛のアキレスを干した市販品で、よく噛む楽しさを。手作りフードが作れなかった日は市販品の缶詰めのウエットフードを与えています。
②家の中で基本放し飼いでストレスなく
 お留守番の時もそのままです。家具を破壊したり盗み食いしたりしません。粗相もめったにしません。
 ストレスのないように暮らしているからでしようか。
③散歩は1日2回で運動不足解消
 距離はだんだん短くなってきていますが、散歩はできる日(暑すぎず雨が降っていない)は1日2回散歩で 運動不足解消とストレス発散・決まった時間の排便をしています。とても若々しいので、年齢を聞いて 驚かれます。
④早寝早起き
 犬なので昼間なども好きに寝ていますが、食事・散歩・就寝時間や起きる時間を人間に合わせていま  す。夜もおとなしく寝て、朝も気持ち良く起きてごきげんです。
中医学で健康寿命を縮める5大悪習慣とされているのが 
①ストレス ②夜更かし ③ダイエット(極端な方法) ④食の不摂生 ⑤肥満・運動不足 です。
持論で恐縮ですが、犬の健康法も人間と基本は変わらないのでは、と実践してきました。現在上記のように若々しい健康な長寿犬です。
犬の話で恐縮ですが、ご参考までに…。

生理前にイライラしたり落ち込んだり大変です ~PMS(月経前症候群)です~

めぐる漢方薬局にはPMS(月経前症候群)らしい症状にお困りでいらっしゃる方が多いです。
常に変動する2つの女性ホルモンの影響を受けているのが女性の心と体。特に大きく変動するのが月経の前の2週間位の間。妊娠をキープするためのプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が盛んになる時期です。このときに起きることのあるさまざまな症状をひっくるめて月経前症候群と呼びます。
【生理前にこんな症状の起きる方は月経前症候群かも】
◎お腹が張る・痛い
一日中眠い
◎むくむ
常にイライラする
訳もなく落ち込む
◎食欲が増す。
◎肌荒れしたりニキビができる
◎下痢したり、便秘がちになる
やる気がでない・集中力が低下する

PMSを悪化させてしまう原因は
食習慣の乱れ→暴飲暴食や偏食・栄養不足・冷たい食べ物や飲み物を好む など。
ストレス→仕事や家事・育児で追いつめられる・休養が取れない など。
薄着・冷房冷え→冷房冷えや、冬の寒い時も薄着する習慣 など。
睡眠不足→睡眠不足や昼夜逆転の生活、就寝時間の乱れ など。

めぐる漢方薬局では、お客様の症状や生活習慣をお聞きしてお客様に合うと思われる漢方薬をおすすめしています。生活習慣の改善も頑張ってくださった方は早くにPMSを改善されています。
PMSにお悩みの方は、1度ご相談ください。

漢方薬は高い? ~コーヒー代と変わりません~

めぐる漢方薬局は保険適用の漢方薬は扱っておりません。
保険適用外の生薬などを使う自由診療なので、金額は保険診療の漢方薬と比べると高く感じる方もいらっしゃることは漢方薬局の難点だと感じています。逆に良い点は、オーダーメイドの処方をおすすめしたり、お客様の必要とされる日数分・量に応じて小分けでお売りしたりできることだと思っております。
漢方薬局を初めて利用される方は『とても高価』ではないかと心配されますが、必要な分を小分けでご提案しますと『これくらいなら続けられそう』とおっしゃって、実際満足されるまで続けてくださる方も多くいらっしゃいます。
浄水器製造のブリタ・ジャパンさんの調査で『2人に1人が毎日コーヒーを飲み、自由に使えるお金の1割超をコーヒーに費やしている』という実態があるそうです。コーヒーの購入に費やすのは平均で月に4876円だそうです。『自由に使える金額』の平均は月3万5047円だったため、14%をコーヒーに充てていることになります。更に年代が上がるほどコーヒーを飲む頻度が高まるそうです。
めぐる漢方薬局では1日分のお薬代は平均300円ほどで、月額は平均10000円位です。
コーヒー代と比べると倍ほどです。ですが、日々の不調が良くなったり健康や美容の維持ができることなので、決して高すぎる金額ではないと思います。考え方と、コーヒーがどの位必要かによりますが(笑)金額が心配で漢方のご利用を躊躇されている方の参考になればと思います。


1

« 2018年8月 | メインページ | アーカイブ | 2018年10月 »