HOME > めぐるコラム > アーカイブ > 2018年4月

めぐるコラム 2018年4月

漢方ダイエット ~三爽茶のお話~

漢方でダイエットをしたい、というお客様はめぐる漢方薬局にもたくさんいらっしゃいます。
お客様の要望・ご体質に合わせておススメしている方法が数種類あります。
最近ダイエットが成功したお客様にお使いいただいたのは『三爽茶』というダイエット茶です。
この方は基礎代謝が悪く、むくみがちで、ついつい食べ過ぎてしまう生活が長かったそうです。すべての食事をかなりしっかり食べて、お菓子やアイスクリームなどが大好きでたくさん食べてしまっていたそうです。
まずは食事量を減らすことと、夜にはほとんど食べないことを実践してもらいました。朝は軽め、昼はしっかり、夜はなるべく食べないで、替わりに青汁・晶三仙(漢方消導剤)・三爽茶を毎食後に1包ずつ飲む、という方法です。
青汁はめぐる漢方薬局おススメの大変質の高いものなので、お食事を抜いた分のミネラル・ビタミン類を補います。
晶三仙の主な使い方は、食べ過ぎた時や夜遅い食事の時に飲んでいただくと、消化を早く促す作用でお腹に食べ物を残さないので、スッキリした状態で翌朝を迎えられます。
三爽茶は柳茶というバラ科の植物を主原料に、蓮の葉・すぎな・シベリア人参を配合したダイエット茶です。チベットの民間では柳茶を家畜が食すと『脂肪が落ちる』と伝承しまうことからダイエットをサポートとするお茶として利用されるように。
この代替ダイエットを始めて、最初はとてもつらくお腹も空いて仕方ないのに体重は増えたりしてとてもつらかったそうです。何とか頑張って1か月くらい経った頃から毎日少しずつ体重が減り始めたそうです。結果1ヵ月半続けた現在4.5㎏の減量で、目標の10㎏までがんばれそう!とお喜びいただいてます。
ちなみにこの方は女性 30歳 160㎝ 62㎏から始められて、最終目標は52㎏です。
今ではお腹が空いても『苦しい!』ということは無くなったそうです。
このダイエット法は1例です。めぐる漢方薬局ではお客様のご体質などから判断したダイエット法で成功された方は、数多くいらっしゃいます。


漢方ダイエット ~三爽茶のお話~の続きを読む

『春バテ』に注意!と言われています ~心身不調に~

冬から春にかけ、季節の変わり目による寒暖の差や新生活のストレスが心身に不調をもたらす『春バテ』が注目されているそうです。今年は2月の厳しい冷え込みから一転、3月は平均気温が観測史上最高となり、昼夜の気温差が例年以上に大きかった事でお医者様方は『十分な睡眠と栄養、冷えへの対策を』と呼びかけているそうです。
春バテ』は急激な寒暖差やストレスが要因となって体がだるくなったり、頭痛や食欲不振といったさまざまな不調が出ることです。自律神経が乱れ、活動中に働く交感神経と、休む時に作用する副交感神経のバランスが取りにくくなるそうです。
春バテ』という言葉はかなり新しく出てきた言葉だと思います。
今までもこのような症状でお悩みの方はいらっしゃっいましたが『春バテ』という言葉でひとくくりにされたのは最近だと思います。
漢方では『春のプチ不調』などとして
◎目覚めが悪い 身体がだるい 肩こり
◎イライラ 気分の落ち込み 憂うつ感
◎昼間眠い めまい・ふあふあ感 手足の冷え
などでお困りのがご相談にいらっしゃいます。今風でいう『春バテ』に漢方は昔からお役に立てています。
春バテ』でお困りの方も、めぐる漢方薬局にご相談ください。

若い人は冷えやすい? ~身体が冷えると心も冷える~

先日テレビ番組(『ホンマでっか⁉TV』)で『若い人は【冷たいもの】に価値を見出し、中年以降は【温めるもの】に価値を見出す』という説が出ました。今年買って良かったモノbest3を発表するという企画で若い女性アナウンサー・40代女性タレントが、買って良かったと思った商品を紹介しました。若い女性アナウンサーは『紀州アイス梅干し』などを紹介。40代女性タレントは『電気圧力鍋』『重ね履き靴下』『ハブ入りハブ酒』を紹介。その結果識者の先生から出たのが上記の『若い人は【冷たいもの】に価値を見出し、中年以降は【温めるもの】に価値を見出す』という説でした。
これにはとても納得しました。めぐる漢方薬局のお客様も『冷え』でお困りの方の生活習慣をお聞きしていると、比較的若い方が『冷たい飲食物大好き』『お風呂はシャワーのみで済ませます』と言われます。
中年以降の方は、身体の不調や変化が少しずつ出てくる影響か、意識して気を付けている方が多く感じます。
これからの季節は暑い日も次第に増えてエアコンで冷房の効いた空間で過ごす時間も増えると思われます。
冷房で気血のめぐりが悪くなると『だるさ・頭痛・肩こり・腰痛・膝痛・便秘・下痢』などが慢性化したりします。
身体が冷えると心も冷えてきます。冷房病でつらいと寛大な気持ちで過ごすことが難しいものです。
冷房病でお悩みの方にもよく効く漢方があります。ご相談ください。

1

« 2018年3月 | メインページ | アーカイブ | 2018年5月 »