HOME > めぐるコラム > アーカイブ > 2018年2月

めぐるコラム 2018年2月

漢方で妊娠力アップのお手伝いできます ~女性も男性も~

1月から『となりの家族は青く見える』というテレビドラマが放送されています。なかなか赤ちゃんを授かれない主人公夫婦が不妊治療に取り組み始めて、不妊治療にまつわる悩みや大変な事をていねいに描いています。今までのお話の中では主人公夫婦は産婦人科で不妊の相談→タイミング法→人工授精 と取り組んでいるところです。同時に食事内容や飲酒、生活環境にも気をつけています。
ただ一つ、惜しいと思うのは、主人公夫婦が治療に漢方薬を取り入れていないことです(笑)
タイミング法や人工授精に取り組まれるご夫婦が漢方薬を併用されると、妊娠力がとても高まります。
実際にめぐる漢方薬局でも妊娠されています。
不妊の多くは遺伝的なものではなく、生活習慣や食生活の乱れが大きく影響しています。肥満や冷え、ストレスなどによりホルモンのバランスが乱れます。するとからだの機能が低下し月経周期が乱れ、不妊につながるのです。排卵誘発剤などの薬を使っての治療も不規則な生活をしていては効果が期待できません。最も大切なのは生殖を司る『腎』の機能を高めること。そして良質な血を養い、気血のめぐりをよくするために『気』の働きを高めることです。
漢方や生活習慣の改善により、女性も男性も妊娠しやすいからだを自然につくることができます。
めぐる漢方薬局では、お客様のお話をよく伺ったうえでお客様の望まれる方法と、こちらのご提案をすり合わせて、無理や負担のできるだけ少ないような漢方薬をご提案しています。
お客様の納得と、漢方薬や生活習慣の改善・西洋医学との併用などにより、早い段階で妊娠されている方もいらっしゃいます。ご相談ください。


フレイルをご存知ですか? ~漢方と相性が良いお話~

最近『フレイル』という言葉を初めて知りました。フレイルとは
☆高齢になることで筋力や精神面が衰える状態をさす言葉。英語のfrailtyの訳として「虚弱」のかわりに日本老年医学会が提唱している。転じて高齢者が要介護とならないよう予防していくことを目的とする概念をさす。
フレイルの進行】
加齢に伴う変化や慢性的な疾患によってサルコペニアとなり、筋肉量・筋力の減少によって基礎代謝量が低下すると、1日のエネルギー消費量が減って食欲が低下して低栄養となります。

上記がフレイルの初歩的な知識です。『老化現象』というと嫌な感じを受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、『フレイル』です、今から予防に努めたらそんなに酷くなりません、と言われると『それなら頑張ろうか』と思うかもしれませんね。
中医学では病気になる前に対策を講じる『未病先防』という考え方があります。病気の症状が出てから病院に行くことが当たり前になっていますが、そもそも病気にならない身体をつくることのほうが快適に過ごすために重要だと思います。
また中医学では『補腎』『養血』『活血』という考え方があり、美と健康を保つキーワードとなります。
『補腎』で腎を補い生命力をみなぎらせ、『養血』で血を育て健康と美を手に入れ、『活血』で血と気の滞りをめぐらせ、女性の不調を解消します。特に腎の老化を防ぐことが若々しい身体を保つポイントとなるので『補腎』はフレイル予防に最適かと思います。
様々なテレビ番組などで紹介されている美と健康のための情報が『最新』で紹介されていますが、漢方で昔からなされている方法や考え方と同じ内容であることが多いので、お客様から『先生のお話と同じ内容でびっくりしました』と言われることがよくあります。
漢方は古くて時代おくれと思われがちですが、実は科学的に裏付けされたりして見直されているのです。
















:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

冬にアイスクリームが売れているそうです ~夏をしのぐ勢いで~

ニュース番組での話題ですが、夏場をしのぐ勢いで冬にアイスクリームが売れているそうです。
アイスクリームの売上はいまや冬場が市場の4割を占めるそうです。
企業も冬限定の魅力的な商品を出したり、売るために努力をしているそうですが、なぜ冬場にアイスクリームがこれほど求められるのかを分析したら、アイスクリームには冬場に求められる『味のコク・カルシウム・エネルギー』があるからではないか、と結論が出ていましたが、それだけではない魅力があるからだろう、と締めくくられていました。
『アイスクリームの歌』という童謡があります。♬おとぎ話の王子でも昔はとても食べられない アイスクリーム アイスクリーム♬ という歌詞だったと思います。
今はアイスクリームが年中食べられるから、本当に贅沢で素敵なことですよね。
ただ、漢方薬剤師の立場からは特に寒い冬場にアイスクリームやかき氷など冷たい食べ物や飲み物を摂取することはおススメできません。例え暖房でTシャツ1枚で過ごせるほど暖かい部屋でも、です。
冬なのに小春日和、みたいな暖かい日によく見かけるニュース映像で小さいお子さんとお母さんが『今日は暑いから』とソフトクリームやかき氷を店先で買って食べている図があります。
美味しいでしょうが『せめて小さいお子さんが一つ食べるのはやめた方がいいのに…』と勝手に考えてしまいます(笑)
冬でも冷たい食べ物や飲み物(アイスクリームやビール、生野菜サラダなど)を食べるような食習慣を続けてると、余分な水分が蓄積されて、冷えを助長する一因となります。胃腸など消化器系の働きが低下するので食べ物が消化吸収されず、体を温めるエネルギーを補えないのでさらに冷えを招きます。
冷え消化不良不眠肌荒れ関節痛月経異常不妊症脳卒中がんの一因となる万病のもとです。
できれば身体を温める『人参・かぶ・ねぎ・生姜・しそ・にんにく』などの食材を積極的にとっていただいた方が特に冬は良いかと思います。
それでも冷えや低体温でお悩みの方は、めぐる漢方薬局にご相談ください(笑)
冷え取りは漢方の得意分野です。

100%枸杞(クコ)の果汁の原液が入荷しました! ~数量限定品です~

欧米で『ゴジベリー』の名で知られ、ミランダ・カーさんなどのスーパーモデルも多数愛用していると言われる『クコの実』。
枸杞(クコ)は、杏仁豆腐のトッピングなどに載っているアーモンド型の赤い実で、ドライフルーツのように乾燥した果実が一般的に知られていると思います。薬膳食材で、楊貴妃も愛したと言われています。
クコはβカロテンが豊富に含まれます。
ビタミンB1・B2・ビタミンC・鉄分・ニコチン酸も多く含まれるので、眼精疲労や視力低下美肌作りコラーゲンの生成促進など目のトラブルや美容のお悩み解決、滋養強壮に大変良いと言われています。
また、膝の痛み解消にも良いと言われています。
クコの実はドライフルーツ状のものが一般的なので、今回入荷の『枸杞の実100%果汁原液』は大変貴重珍しい商品です。
1本500ml入りで、一日15~30mlを摂取します。
ドライフルーツ状のクコの実より手軽に成分を取り込めると思います。
数量限定品なので、気になる方はお早めにお買い求めください。

1

« 2018年1月 | メインページ | アーカイブ | 2018年3月 »