HOME > めぐるコラム > アーカイブ > 2018年1月

めぐるコラム 2018年1月

漢方薬は"効き"が遅い? ~漢方美容のお話~

漢方薬は比較的"効き”が遅いと思われがちですが、すべての漢方薬が効きが遅い訳ではありません。
風邪やこむら返り、胃腸の調子を整える、疲れ取り、動悸やイライラを抑えるなど、即効性のある漢方薬も多々あります。比較的効きが遅いと考えていただいて間違いないのは『体質改善』『美容』『美肌・アトピー性皮膚炎やニキビ改善』『ダイエット』『後鼻漏』『舌痛症』など、身体の新陳代謝・皮膚のターンオーバーなど身体の細胞の生まれ変わりを待たないといけない症状や、比較的根治が難しいとされている病気などです。
カリスマ美容家のIKKOさんのインタビュー記事でとても腑に落ちたことばですが、"化粧品の売り文句で『3ヶ月このローションを使ってください』では今の時代買いません。使った瞬間に『何か違う』と実感できる感覚がないと。すぐわかります、という感覚で。女は待てないの”とありました。
漢方薬でも、やはり『美容』『美肌・アトピー性皮膚炎やニキビ改善』『体質改善』『ダイエット』を始めた方はなかなか"改善”がみられないと"待てない”方が女性に多くいらっしゃる気がします(美容や美肌は女性がほとんどなので当たり前のことかもしれませんが…)。
漢方薬は安いものではないので、即効性を求めてしまうお気持ちもわからなくはありません。
ですが、『体質改善』や『美肌・アトピー性皮膚炎やニキビ改善』などは新陳代謝やターンオーバーを待たないと結果が出てこないものです。
表面だけをキレイに整えて見せることは速くできます。
身体の内側から整えて美しくすることは、早くても4ヶ月は必要です。
漢方で体質改善や美容や美肌をお考えの方は、改善がみられるまで少し時間がかかることをご了承ください。




爪が厚い層状でボロボロ ~爪水虫が原因ではない時~

つやのある薄いピンク色の爪は、見た目の良さの問題だけではなく、健康のバロメーターとしても判断材料になります。
足の指の爪に多いのですが、爪が厚い層状になって開き、ボロボロした感じになった方が割といらっしゃいます。
まず、爪水虫(爪白癬)を疑って皮膚科を受診されます。検索結果が爪白癬ではありません、と言われるとホッとするのと同時に『原因は何だろう』『治らないものかな』と不安になると思います。
皮膚科の先生に原因を聞いても『わからない』と言われることが多いようです。
めぐる漢方薬局では爪がボロボロ、と訴える方は『血』が不足している『血虚(けっきょ)』という状態の場合がほとんどです。爪が割れやすかったりボロボロ、という方は他にも
◎乾燥肌で皮膚にツヤがない
◎髪の毛がパサパサ・抜け毛が多い
◎月経が遅れがちで経血量が少ない
◎めまいや立ちくらみが頻繁にある
◎熟睡できない、夢を多く見る
などの自覚症状がいくつかあてはまることが多いです。
爪水虫ではなく血虚、と思われる方に血虚を改善する漢方薬を飲んでいただくと、時間はかかりますが
だんだん元通りの爪に戻っていきます。上記◎の症状も、爪より早く改善されます。
特に女性が血虚の状態を改善すると、髪や肌、爪がキレイになるので大変喜ばれます
爪がボロボロ・髪がパサつくなどの美容でお悩みの方で、爪を削ったりオイルを塗ったり、シャンプーやトリートメントを変えても改善されない場合は、身体の内側から改善を考えていただくと近道かもしれません。

受験に役立つ漢方 ~試験当日を無事に迎えられますように~

13日・14日で大学入試センター試験も終わり、少しだけほっとしている受験生も多くいらっしゃるでしょう。まだまだ受験は始まったばかりで本番はこれから!という受験生も数多くいらっしゃると思います。
受験は勉強も1番大切ですが、本番の日を無事に迎えてキチンと実力を発揮できるように環境を整えることもとても大切です。どんなに勉強して万全を期しても、当日に身体の不調などで実力を発揮できなければ残念で悔やみきれないでしょう。
ベストコンディションで試験当日を迎えられるようにするため、めぐる漢方薬局でも受験生のためのご提案をできます。
【受験日まで】
◎脳の働きを助ける・・・DHAとEPA・クルミオイルが主成分の『賢脳丹』
◎フル回転し過ぎたアタマとカラダの疲れに・・・羚羊角・沈香・オンジ配合の『能活性』
◎風邪やインフルエンザの予防・・・抗ウイルス作用・抗菌作用のある板藍根配合の『板藍茶』『板藍のど飴』
◎興奮状態の気持ちを鎮める。少しの不眠対策に・・・麝香配合の『感應丸』
【試験当日】
◎疲れていても良いパフォーマンスを出したい!・・・牛の胆石(大変貴重)成分の『牛黄』『霊黄参』
◎まだまだ風邪やインフルエンザにかかれない!・・・板藍茶・板藍のど飴

などが、受験生をお持ちの親御さんやおばあ様などにご購入いただき、お喜びいただいている商品です。
無事に試験当日を迎えられることをお祈りいたします。

疲れや味覚障害に効く ~ワタナベオイスターのお話~

あけましておめでとうございます。平成30年もめぐる漢方薬局をよろしくお願いいたします。
年末年始はいかがお過ごしでしたか? 大掃除やお正月の準備、帰省や遊びなどで生活リズムが不規則になったり、食べ物も、食べる時間も普段とは変わって胃腸も身体もお疲れの方が多いのではないでしょうか? 実際お正月の間からお正月明けには風邪やインフルエンザにかかってしまったり、疲れて寝込んでしまったり、ミネラル不足と思われる味覚障害等になってしまう方がいらっしゃいます。
めぐる漢方薬局でも、疲れやストレス・ミネラル不足によると思われる不調の方がたくさん来られます。
口内炎・味覚障害
◎食欲がなく、やる気がどうにも出ない
受験や仕事でへとへと。体調管理をしないといけない
このような時にお飲みいただいて効果実感していただいているのが『ワタナベオイスター』です。
ワタナベオイスター』は春の新鮮な国産生牡蠣を特種製法で有効的に抽出・凝縮した日本で唯一の
活性型牡蠣肉エキスです。亜鉛・銅・セレン・クロム・ビタミンB12などのミネラル・ビタミンが大変豊富に含まれています。これらの物質が不足すると、疲れやストレス、味覚障害や口内炎が起こりやすくなると言われています。
上記◎のような症状でお困りの方は、ぜひ一度お試しいただきたいと思います。

1

« 2017年12月 | メインページ | アーカイブ | 2018年2月 »